ブログ 防災訓練・方面別集会を実施

防災訓練・方面別集会を実施

Posted on

Pict01426/16(火)の5・6限、浦島消防署の協力を得て、今年度最初の防災訓練と方面別集会が実施されました。13:30の「震度6の地震発生」という非常放送から防災訓練は始まりました。全校の生徒が一斉に机の下に潜って身の安全の確保をしてから、整然と屋外退避を行なってグラウンドに集合しました。中学1年生は全員が退避の途中で煙体験をしました。無害とはいえ、ハンカチで口や鼻を押さえ、身体を低くして真剣な表情で煙が充満したテントの中を通り抜けました。グラウンドに集合した後、各学年の防災委員が起震車体験をし、全員でそれを見学。各学年の防災委員の代表が、起震車に乗って阪神・淡路大震災から関東大震災までの4つの地震の揺れを体で体験しました。起震車は横浜市内に4台しかないということで、本当に貴重な体験でした。最後に、消防署の署長さんから神奈川区内の防災環境のお話や、避難する際の具体的な注意と、訓練時の講評をしていただき、次に阿部教頭より全体の講評を受けて防災訓練は終了。14:30からは各教室に移動して方面別集会が行なわれました。新しい班長・副班長を決め、それぞれの小班ごとに顔合わせをして集会は終わりました。写真は煙体験をする中学1年生。〔文責;総務部〕