ブログ 囲碁(中学団体戦) 4年連続 全国大会出場

囲碁(中学団体戦) 4年連続 全国大会出場

Posted on

09_006棋道部(中学囲碁)1学期の活動報告 (その1) 

7月6日に、第13回神奈川県中学囲碁選手権大会の代表戦がありました。全国大会への代表枠は4校でしたが、残念ながら本校は5位で、補欠となりました。ところが、 他県で出場辞退校が出たため、幸運にも全国大会出場が決まりました。4年連続出場です。

8月2・3日の第6回文部科学大臣杯中学校囲碁団体戦全国大会(会場:市ヶ谷の日本棋院)では、繰り上がり出場でしたので、1勝が出来るか不安でした。ところが、1回戦ではむつ市田名部中(青森)に2対1で勝ち、波に乗り、2回戦も愛知教育大名古屋中に3対0で完勝しました。他の県代表校が1、2回戦で負けたのでBEST16には本校だけが残り、決勝トーナメント出場を決める3回戦に臨みました。しかし、金沢市立森本中学(全国4位)には1?2で負けました。3回戦の内容は、三将の倉島君がまず勝ち、残る対局を見ると主将の仁科君は中盤で優勢、副将の三浦君は白番で石を攻められ苦しい状況でした。結果は二人とも負けでした。倉島君は、予選リーグでは昨年から負けなしの6連勝です。大将、副将とも1年生ですが、堂々とした対局態度で、力一杯の奮闘でした。来年の5年連続出場と決勝トーナメント出場を目指し、がんばっています。(文責顧問)