ブログ 「文化祭の反省」へのご意見をいただいて。

「文化祭の反省」へのご意見をいただいて。

Posted on

  私の「文化祭の反省」という文章に対してのご意見をたくさん頂戴しました。いろいろなご忠言に感謝しております。

  まず投稿者の「在校生」君を含めた、文化祭に一生懸命に取り組み、汗水垂らして頑張ってきた実行委員ほかの生徒諸君にお詫びします。そうした、来場者への心遣いを忘れることなく、「見られる」ことを意識してしっかり応対していた人は、私の言葉足らずのために腹立たしい思いをしたことと思います。楽しい気分に水を差して申し訳ありませんでした。

  ただ、私も一生懸命に頑張ってきた生徒諸君の努力は十分に承知していますし、その人たちを非難し、果ては文化祭全体がダメだったなどとはまったく思っていません。来場した卒業生が私の所に寄って、自分たちの関わった文化祭への郷愁から、どうしても「あの時の方がよかった」的な苦言を呈してくれることが多いのですが、文化系クラブや中学学年の展示・発表をよく見てから言ってくれと反論したことでした。ですから今回の「文化祭の反省」という文章も、投書の葉書内容を鵜呑みにして、特定の生徒を指弾したり、学校として大きく問題にしたり、文化祭への取り組み全部を否定したりという意図はまったくなく、一部の生徒たちの来場者への失礼を事実は事実として伝えて、来年の文化祭への反省としてもらえたらと考えただけなのです。しかも私は(匿名で感情的な批判や誹謗中傷をしたつもりはなく)自分の名を明かしての自分の発言として責任を持って書いたつもりです。しかし、投稿の在校生諸君のように、なぜブログに書く前に注意してくれなかったのかと不満を持って受け止めた生徒諸君も多かったでしょうし、保護者や卒業生が書かれたように、不特定多数が見る公式の場に書くことではないというご意見ももっともで、私の思いの至らなさを痛感しています。また、「学校」というフレームを守るために生徒一個人を守らないのか、とのご指摘もありましたが、私は特定の生徒個人を指弾したつもりはありませんし、ダメなことをダメと指摘しただけです。生徒を守らないと受け取られたのは私の文章に心配りが欠けていたのかと反省しています。

  私の思いは一つ。生徒諸君に1学期最初の始業式でお願いしたように、「浅野は自由な学校です。しかし、その自由は気まま、勝手、わがまま、放縦の意ではありません。生徒諸君の責任感や節度、礼節に裏打ちされた自由でなければならない。そうあってほしい」ということです。

  また、少し弁解めきますが、いただいたご注意の葉書はブログに書く前に、生徒会顧問の先生や当該学年ほかの関係先生や生徒会長にも見せて、来年への反省にするから事実だけは調べてほしいと伝えましたし、そうした先生方から、その参加団体名も当該生徒たちが自ら申し出てきて学年で指導したことも知らされていました。私が事実調査もせずに投書の内容を鵜呑みにして一方的に書いたというのとは少し違うのです。ご理解ください。

  話は変わりますが、明日の体育祭は、台風12号の影響で今夜半から明朝にかけての降雨という予報のため開催が微妙です。終礼で生徒諸君には、台風の進路や速さの変化によって天気予報が変わる可能性もあるので明日は体育祭、授業の両方の準備をして登校という、要項で決めていたとおりを指示しました。明日実施となれば8時45分開会予定。雨やグランド状況で明日は中止で授業となったら、午後体育祭準備をやって、9月27日(月)に順延となります。体育祭も生徒の実行委員諸君が早くから準備してきました。ぜひご来校ください。