ブログ 棋道部(高校囲碁)全国大会結果報告

棋道部(高校囲碁)全国大会結果報告

Posted on

7月26?28日、第34回文部科学大臣杯、全国高校囲碁選手権大会が東京・日本棋院で開かれ、山田君(高3)、諫山君(高2)、桑折君(高2)の3名が神奈川県代表として団体戦に出場しました。

男子団体戦は、毎年強豪校がひしめき、近年では神奈川県代表校は予選リーグを勝ち抜く事ができませんでしたが、三人は中学時代から培ったチームワークで、全勝で予選リーグを突破し、決勝トーナメント(48校中8校)に進みました。

準々決勝で仙台二高(準優勝)に惜敗しましたが、その後は上宮高校(大阪)、福岡大学附属大濠高校(福岡)に勝って、見事5位に入賞しました。

また、続いて行われた個人戦には、諫山君(高2)が出場し、1回戦で全国大会優勝経験者に快勝すると、続く対局も連勝で予選リーグを突破しました。

諫山くんは、団体戦から数えると連続10局を打ち、ベスト8に進出しました。

その後も全13局対局し、見事6位に入賞しました。

男子個人戦の神奈川県代表も、男子団体戦同様近年入賞を逃しており、団体戦、個人戦共に本校生徒が入賞し、快挙を達成しました。

84?5日には、全国高校総文宮崎大会が開かれ、山田君と諫山君が出場しました。

山田君は秦野総合高校、県立大和西高校の選手と3人1組の神奈川県代表チームを組み、

初戦で京都代表(優勝)に惜敗しましたが、その後5戦全勝し4位に入賞しました。