ブログ 錦繍の候に再び・・・

錦繍の候に再び・・・

Posted on

  お久しぶりです。2カ月ぶりの『校長からのひとこと』になります。4?5日前のこと、中学生の一人から「校長先生! 最近〈ひとこと〉のブログ書いてないんですか? 三日坊主ですか?」と指摘されました。読んでくれているのかと嬉しくなりましたが書くことに戸惑っていたというのが正直なところなのです。

  校務や学校行事が重なり、繋がっていたことも確かですが、軽い気持ちで「つれづれなるままに、心に映りゆくよしなしごと」を、気楽に書いてみようかと始めたものの、実は、「文化祭の反省」への反響の大きさには驚き、困惑していたのです。何人かの先生や保護者の方から、ブログは不特定多数の人の目に触れるのだから慎重にと注意されもし、いろいろと反省を含めて考え、迷っていました。しかし、私は私なりに肩肘を張らずに書いてみようと思います。自分が実践したわけでもない、立派そうに聞こえる教育論を人前で臆面もなく話すことには抵抗がありますが、生徒諸君や学校のことをうまく伝えられたらと思っています。

  学校の紅葉がきれいです。日が沈むのが速くなりましたが、夕日にまぶされた銅像山までの木々の紅葉は、得も言われぬ美しさで、その下をひた走るクラブ活動の生徒諸君の一途な顔もまた美しく、凛々しい。そして今は面接週間。土曜日から午後を使って個人面談(担任・生徒・保護者の三者面談)が行われていて、お母さんと連れだって語らいながら遅刻坂を下りていく中学生の姿もチラホラと見られます。

  紅葉の盛りが年々遅くなり、今年も昨年より2週間ほど遅いとのこと。と言いながらも、間もなく師走。すぐに寒い冬が駆け足でやってきそうです。風邪、インフルエンザに注意してまいりましょう。