ブログ 2011年度神奈川県高等学校新人テニス大会団体戦

2011年度神奈川県高等学校新人テニス大会団体戦

Posted on

2011

神奈川県高等学校新人テニス大会団体戦が行われ、高二の二宮・濱・関根・大長が出場しました。

1日目は10月9日(日)弥栄高校で行われました。

1回戦は海洋科学高校でした。ダブルスの二宮・濱、シングルスの関根・大長とも安定した試合を展開し、3勝0敗で勝利しました。

2回戦を不戦勝で、3回戦の相手は海老名高校でした。

二宮・濱は安定したサーブを中心に有利に試合を展開し、6?3で勝利、

関根は前の試合で強烈なショットを連発していた海老名高校のシングルス1と対戦しましたが、

驚異的な粘りで拾い続け、相手のミスを誘い6?3で大きな勝利をもぎ取りました。

結果2勝0敗で勝利し、初日突破。皆で抱き合って喜びました。

2日目は10月16日(日)横須賀総合高校で行われました。

4回戦の相手は県ベスト8の強豪、藤沢翔陵高校でした。

二宮・濱は序盤競ったものの、第4ゲームでデュース12回、30ポイントの接戦を落とし、

そこから流れを持っていかれ、最後持ち直すも3?6で押し切られました。

関根は相手の強力なショットと気合に押され、持ち前のストロークが出せずに1?6で完敗。

0勝2敗で敗れました。

県ベスト32は近年にない立派な成績でした。

高二の現役生活も残りわずかです。

最後に戦略、試合運びという「頭」を鍛えて、浅野でのテニスを完成させてほしいと思います。

(文責 顧問)