ブログ 高校ハンドボール部 神奈川県新人大会報告

高校ハンドボール部 神奈川県新人大会報告

Posted on

【1回戦】シード
 横浜地区秋季大会の準優勝でゲットした権利です。

【2回戦】浅野 32(21-4/11-9)13 平塚江南
 スピードある攻撃を得意とする江南ですが、1回戦を見ることができたことで、相手の得点源を封じ、浅野が走る展開に持ち込みました。

前半で勝負を決め、後半にメンバーチェンジをした後はやや課題を残しました。

【3回戦】浅野 34(17-5/17-5)10 城山
 2回戦同様に快勝したかったのですが、ちょっとしたミスの積み重ねでスコアの割りに爽快感なしでした。代りに、後半のサブメンバーが奮起し、スターティングメンバーと同等の活躍を見せてくれました。

この辺の同じ過ちを繰り返さないあたりは、さすが浅野のハンドボール部員だなと感じました。

【ブロック決勝】浅野 16(9-5/7-6)11 希望ヶ丘
 試合序盤は浅野が堅いDFとナイスキーパーを連発する一方、希望ヶ丘も徹底して浅野のスピードある攻撃の芽を摘んで4-0。何度か突き放すチャンスがあったものの、今度は希望ヶ丘GKが美守を見せて追い上げ、手に汗握る展開。後半も同様の流れでしたが、浅野の果敢な攻撃が相手の退場を誘い、追いつかれることなく終盤の安全圏まで持ちこたえて勝利しました。

これで3年ぶりに県ベスト8に返り咲いたのですが、その道程は「やはり険しかった」ということです。しかし、選手は見事乗り越えてくれました。

【決勝トーナメント1回戦】荏田 25(16-13/9-5)18 浅野
 ベスト4を賭けた一戦は、今期早くも3度目。7月に負け、9月に勝った荏田高校。お互いに「負けたときの轍は踏まない」ことに加え、「新たなスキをつく」ことの応酬となりました。浅野にミスプレーが続いてセーフティーリードを保たれてからは、有効に時間を使われ、ガッチリと主導権を握られたままタイムアップとなりました。
 

結果、今大会の「目標ベスト4以上」は達成できなかったのですが、この敗戦が「成長に繋がる良い敗戦だった」となるようにしていきたいと思います。

(文責 顧問)