ブログ 関東登山大会開催、8回出場で表彰されました(登山部)

関東登山大会開催、8回出場で表彰されました(登山部)

Posted on

Imgp0220 11月9日(金)?11日(月)関東高等学校登山大会が千葉県で開かれ、部員2人とともに参加しました。出場権を得るための5月の大会はそれなりにハードなのですが(詳しくは5月のブログをごらんください)、本大会は順位をつけない、親睦が中心の大会になります。それでも現地の実行委員の先生は、関東大会に選ばれた精鋭にふさわしいコースを考えます。千葉県は高い山がないなかで、とても工夫されたコースを設定してくださいました。我々は「大日山」「御殿山」という二つのピークを歩くコースに参加しましたが、コース中最高点の御殿山でも標高363メートルなのにアップダウンがはげしく、歩きがいのあるコースでした。天候にも恵まれ、三浦半島はもちろん、伊豆七島まで望むことができました。写真は大日山の頂上で撮ったもので、背景の双耳峰は富山(とみさん)です。その後ろには東京湾、三浦半島がしっかり見えたのですが、顧問の安いカメラではそれが伝えられず残念です。
 さて、関東高等学校登山連盟は山梨を含む1都7県で構成され、原則として8年に一回、開催県がまわってきます。そんなわけで「8」という数字を大事にしており、出場回数が8の倍数になる学校は閉会式で表彰されます。今回、本校は8回目の出場なので、表彰状をいただいてきました。1999年の初出場以来、14年かかりました。今回の参加部員だけでなく、先輩方が積み上げてきた成果でもあります。この場を借りて、歴代の参加部員の氏名を掲げます。1999年群馬大会:加藤秀一・落合俊広・柿本亮平、2000年栃木大会:伊藤隆広・相川幸宏・前田昌男、01年茨城大会:今市拓郎・安田浩一・鹿野島健二、03年山梨大会:奥真哉・渡辺正成、05年東京大会:坂井新・野川貴由、10年神奈川大会:桑原由樹・小栗忠晃、11年山梨大会:大村航太郎・鈴木寛人、そして12年千葉大会:河嶋雄也・平川遼太郎。毎回他校と合同チームを組みますが、今回組んだ日大高校とは01年と05年にもご一緒しました。今回もお世話になりました。
 このように歴代部員の氏名を入力していくと、皆さんといっしょに越えてきた頂上が思い出されます。皆さんのおかげで、8回を刻むことができました。後輩諸君が次の8回を目指してくれることを願っています。(文責:顧問)