ブログ 中学アメフト部大躍進

中学アメフト部大躍進

Posted on

中学アメリカンフットボール部が目覚ましい成長を見せています。

昨年度は3年生が2人だけという悪条件の中、公式の11人制の試合では1勝もすることができませんでした。その悔しさを胸に迎えた5月5日の関東中学生ジャンボリーマッチ。足立学園ワイルドベアー、世田谷ブルーサンダース、慶應Jrユニコーンズの3チームと対戦し、浅野ボンバーズはなんと全勝という最高の成績を挙げることができました。中でもブルーサンダースは昨年度の関東覇者であり、この結果を受けて浅野ボンバーズが関東代表として関西代表と対戦できる可能性も浮上しました。関東代表、関西代表はそれぞれ事実上の東日本代表、西日本代表であるため、関東代表になって関西代表に勝つことは、全国制覇を意味するといっても良いでしょう。

そして6月16日にはJrシーガルズ(社会人リーグの強豪オービックシーガルズのジュニアチーム)と対戦。当日は生憎の悪天候となってしまい、不安を抱いている生徒も多いようでした。というのも、浅野ボンバーズはパスに重きを置いたプレイスタイルであるため、雨でボールが滑りやすいことは大きく不利に働いてしまうのです。しかし、そんな中でも果敢にパスを繰り出し、この日も見事勝利を収めることができました。

そして6月23日、再びブルーサンダースとの対戦の機会がやってきました。関東代表を決める大切な試合。生徒たちも大いに気合いを入れて臨みはしたものの、残念ながら大敗を喫してしまいます。実力的には十分に渡り合えたはずですが、関東代表になれるか否かという大きなプレッシャーに負けてしまったようです。

ここまでの試合を通して、プレッシャーに弱いという課題が浮き彫りになった反面、生徒たちは自信もつけられたように感じます。7月28日には川崎法政Jrトマホークス(今年急激に力をつけ、ブルーサンダースにも1本差にまで迫ったチーム)との練習試合を控えていますが、まずはここでしっかりと勝利し、技術や体力の向上はもちろん、精神的な強さも獲得していければと思います。

(文責・顧問)