ブログ 中学ハンドボール部 県大会ベスト8

中学ハンドボール部 県大会ベスト8

Posted on

神奈川県ジュニアハンドボール選手権大会に出場しました。

Dscn4905_2

1回戦 浅野24?11南加瀬

スキー教室明けの練習不足の中、そして、秋の新人大会以来の公式戦ということもあって 主将はじめ選手はアガッてしまい、攻撃ではボール扱いに関わるミスを連発。 一方、守備では頑張って相手の失点を食い止めることが出来、これによって 徐々に点差をつけました。最終的にはベンチ入りの20名全員が交代しながら出場できての勝利となりました。

2回戦 浅野11?11桐蔭 (7mTC2-1で勝ち)

秋の県大会で準優勝に輝いた桐蔭。相手の大黒柱プレーヤー温存作戦に付け込んで、 一進一退の攻防に。前半は1点ビハインドだったものの、後半にパスカットからの 速攻で逆点。浅野1点リードの残り7秒、満を持して出場した相手大黒柱の突進を食い止めてマイボール。 「止めろ」「ストップ」「持ってろ」の大音量にボール保持者があわててしまい、すぐにスロー。 そのボールを直接カットされて土壇場で同点。このマズイ空気の中、浅野GKが2,3人目を続けて セーブし、熱戦に終止符を打ちました。

3回戦 浅野25?18大和

相手は小粒ながらハンド経験豊富な名門、大和中学校。試合開始から浅野の守備が機能してほぼ完封。 それからの速攻連打で、序盤から浅野がリード。後半に入り、相手がDFシステムを変えて その対応がすぐにできず、追い上げられる。ここで浅野エースプレーヤーの一打でチームは息を吹き返し、 再び浅野ペースに。最終的には選手を入れ替えながら逃げ切ることが出来ました。

準々決勝 浅野12-17生田

相手は川崎地区2位の生田。個々のスピードやテクニックに優れた好チームに対して、浅野も研究した攻防で対抗。 序盤は浅野攻撃でのミスから速攻を喫し、8-2とリードを許す。 タイムアウトでチームを立て直してから守備が健闘。しっかり守っての速攻を繰り出したものの、肝心のシュートが不発。じっくりとした攻撃でも、最後のシュートを生田GKに阻まれて追いつくことが出来ませんでした。

秋の大会から随分進歩できたと感じています。ここからを新たな原点として、次の大会に臨みたいと考えています。

(文責・顧問)