ブログ 平成26年度 関東高等学校ボクシング大会県予選会 高二鈴木一真がライト級で優勝を果たす。

平成26年度 関東高等学校ボクシング大会県予選会 高二鈴木一真がライト級で優勝を果たす。

Posted on

20140427_142023

 4月13日、20日、27日の3日間にわたって行われた関東高等学校ボクシング大会県予選会において、浅野学園ボクシング部高校二年生の鈴木一真がライト級で優勝を果たしました。
 13日に行われた1回戦では、横浜高校の市村宗也選手と対戦し、3対0のポイント勝ち。20日の2回戦は相手選手の棄権により不戦勝ち。そして27日、慶應高校の小池諒選手の決勝戦を迎えました。決勝では、鈴木は自分の得意な距離を保ちながら相手に主導権を渡すことなく優位に試合を進め、危なげのない試合内容で3対0のポイント勝ちをおさめました。
 今大会には鈴木の他にも西村昌輝(高三)がピン級で、森川正崇(高二)がライトウェルター級で、河本直起(高二)がバンタム級で出場し、学校対抗の部でも3位に入賞を果たしました。
 今大会の結果から、鈴木と西村の2人が5月30日から6月2日にかけて東京都で行われる関東大会の出場権を得ました。関東大会でも上位を目指して頑張っていきたいと思います。
 応援よろしくお願いいたします。(文責 顧問)