ブログ 高校ハンドボール部 県8強に!

高校ハンドボール部 県8強に!

Posted on

高校ハンドボール部の4.5月の試合結果を報告します。

4月 関東大会県予選

13日 会場:横浜創英高等学校
【2回戦】浅野34(21-1/13-9)10鎌倉学園
「勢い」が重視されるこの大会の大事な初戦は、「がっちり守って速攻で決める」というゲームプランで序盤で大勢を決めました。特に前半の失点1は秀逸でした。

20日 会場:湘南学園高等学校
【3回戦】浅野33(17-7/16-11)18麻溝台
昨年のインターハイ予選で負けた相手で、言わば先輩の敵討ちです。開始15分スコア8-6あたりで「的が絞れてきた」ところを一気に加速し、前半の残り時間を9-1にまとめ、後半も大崩れすることなく乗り切りました。

27日 会場:県立希望ヶ丘高等学校
【ブロック決勝】浅野14(8-8/6-5)13慶應義塾
今期3度目の対決。力のある相手だが過去2回は完勝しているので…という発想そのものがまずかったようです。勝てると思えば思うほど慎重になり過ぎてチャレンジせずロースコアの展開。しかも慶應GKの気迫のキーピングでシュートが入らず、より消極的に…という「まずいパターン」でした。後半もリードを許して苦しい展開でしたが、浅野GKも美守連発で慶應が萎えたところを追いつき逆転したあとは、残り時間を上手に使い逃げ切りました。

29日 会場:県立多摩高等学校
【決勝トーナメント1回戦】横浜創学館35(23-9/12-8)17浅野
2年ぶりの本大会決勝トーナメント初戦の相手は、3月に行われた全国選抜大会ベスト4の創学館でした。布陣は1.5軍といったところで「噛みつきたい」ところでしたが、こちらの力量の底が割れだすと、徐々に創学館のシンプル戦法(だが速くて力強くて正確!)での得点が止まらなくなり勝負が決まってしまいました。

【敗者戦】湘南工大附26(13-11/13-11)22浅野
冬の練習試合でも互角でした。関東の切符を賭けるにふさわしい対決と言えます。両チームともオーソドックスかつスピードを身上とするスタイルでぶつかり合いました。組織戦術は互角で加えて個人の技量が問われる展開となり、浅野のバックプレーヤー陣も前半からかつてないほどに「打って出た」のですが再三ゴールポストを叩く不運。前半を2点ビハインドで終えました。試合が動いたのは後半で、湘南工大2年生エースにロングシュート3連打を喰らい、さらにリードを広げられました。そこは修正したものの、当然次はライン際やサイドのDFが甘くなり…と常に後手に回ってしまい、リードを覆す手立てが打てませんでした。好勝負ではあったもののいささか大味だったか、と指揮官としての反省が多く選手には申し訳なく思いました。

最終順位(関東大会出場校)?横浜創学館?法政二?横浜南陵?川和?湘南工大附


5月 インターハイ県予選

10日 会場:県立厚木東高等学校
【2回戦】浅野37(16-8/21-12)20市が尾
大目標である「関東大会出場」を逃してから10日余りで今度は「引退をかけた戦い」に臨まなければならないという厳しいスケジュールでしたが、初戦を乗り越えました。

11日 会場:県立相模原高等学校
【3回戦】浅野27(15-5/12-12)17茅ケ崎北陵
前戦に続く連戦となりましたが、前日の反省を踏まえて失点を最小限に抑えて勝利しました。

18日 会場:県立上溝南高等学校
【ブロック準決勝】浅野23(13-9/10-10)19慶應義塾
因縁なのか、3度目の対決を制して1か月も経たないうちに4度目の対決となりました。力量的には「4回もやれば1回くらい負けそうな相手」なのですが、「ここで負けるのは嫌」なのは言うまでもありません。前回の反省を基に「慎重に」「大事に」はNGとしました。選手たちは、描いたゲームプランに則り、堅守から果敢な速攻という得意分野に相手を引きずり込み、スタートで6-1、前半で13-9と成功しました。後半1点差に詰め寄られる場面もありましたが、この春の間に練習してきた「困ったときに組織で打開。個人で打開」の使い分けが効いて、前回の辛勝を今回は完勝とすることができました。

【ブロック決勝】浅野23(11-12/12-10)22荏田
個々の戦力で勝っていても、理詰めの戦術と監督の引き出しの多さで「いつもいいところでやられてしまう荏田」が相手でした。戦うにあたっては「周到な分析と事前準備が必要」なのは言うまでもない相手なのですが、今回は中間試験前で十分な時間がないのと、季節の変わり目にダブルヘッダーなので暑さ対策も必要でしたので、結論として「暑さ対策」に絞っての臨戦でした。果たしてゲーム展開はというと、詳しい内容は書けませんが、悪い予感通り「まんまと荏田ペースに」「ちゃんとやればやろうとするほどますます荏田ペースに」という「負けパターン」で前半1点負けでした。後半も主導権は変わらず4点差をつけられたときは「万事休す」の感がありましたが、そこからキープレーヤーに手厚くする浅野の変則DFに「荏田の脚が衰え始め、耐暑訓練をしてきた浅野の脚が勝る」場面が増えてきて、ついには同点、そして逆転に成功しました。荏田もその後、変則DFシフトで抵抗してきましたが、「脚力で勝っているが故にシンプルな攻略法で打開」に成功して何とか勝利を収めることができました。

この結果、一昨年に続き「年間通じて県ベスト8以上」を達成することができました。

20140511054_2

次戦は6/8?に西湘地区体育センターで、これまた全国ベスト4の法政二と勝負です。
100人中99人が「法政が勝つ」と思うでしょうが、地元・神奈川県で開催されるインターハイの出場権を賭けての闘いで大波乱を起こしたいと考えています。