ブログ 第56回関東高等学校ボクシング大会報告

第56回関東高等学校ボクシング大会報告

Posted on

20140601_154654

平成26年5月30日から6月2日にかけて、日野市民の森ふれあいホールにて関東高等学校ボクシング大会が開催されました。
浅野学園ボクシング部からは、高三の西村昌輝がピン級で、、高二の鈴木一真がライト級でそれぞれ神奈川県代表として出場しました。
大会初日の初戦、ピン級では、西村が高萩清松高校の神長雄太選手と対戦。序盤は相手にペースを握られるも、粘り強い西村の攻撃で後半は相手の手数が減り、最後までパンチを出し続けた西村が終盤ではペースを握り、どちらに判定が下るかと思われる熱戦でしたが、惜しくも判定の結果ポイント負けを喫しました。ライト級では鈴木が甲府工業高校の長尾亮佑選手と対戦し、終始安定した試合運びで、判定の結果ポイント勝ちをおさめました。
続く2日目の2回戦では鈴木は花咲徳栄高校の波田大和選手と対戦しました。波田選手は前年度の関東大会チャンピオンです。鈴木は相手にペースを握らせない巧みな試合運びで応戦しますが、なかなか有効打をヒットさせることが出来ず、結果、判定でポイント負けを喫しました。
二人とも負けはしましたが、関東大会という舞台で堂々と自分のボクシングを展開し、立派に戦ったと思います。
応援、ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。次は6月14日からはじまるインターハイの県予選に向けて頑張っていきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
(文責 顧問)