ブログ スタンフォード大学研修プログラム4日目

スタンフォード大学研修プログラム4日目

Posted on

本日は、最終日のプレゼンテーションの準備に加え、2つの場所を見学させていただきました。1つは、d Schoolという施設で、イノベーションを生み出すための空間として作られたスタンフォード独自の校舎です。この施設には、”The only way to do it is to do it”といった言葉や創造性溢れる部屋がたくさんあり、この空間にいるだけで刺激を受けた生徒が何人もいました。また、この施設の至る所には、プログラム初日に学んだ"創造性を高めるトレーニング"が行われた形跡がたくさんありました。それを見た生徒の多くは、自分たちの学んだことが実際の研究に繋がっているのだということを知り、感動していました。

Img_0890

2つ目の場所は、研究室および実験室です。本プログラムのリーダーである教授の専門が環境工学ということもあり、その研究室・実験室にお邪魔させて頂きました。この学部(スタンフォード大学)の素晴らしい点は、1つの学部に様々な学問、例えば工学・化学・地学・経営学・デザイン学などが融合しているところであり、実際に1つの棟内にあらゆる研究室・実験室が置かれていました。そうしたことから、この見学を通して、生徒たちは様々な最先端の研究を見学することが出来たとともに、これからの時代に求められる学際的な研究を肌で感じることが出来ました。

Img_0926

この2つの場所は、普通ではなかなか入れない所で、今回は特別に見学させていただきました。こうした貴重な経験が出来たことにより、生徒の顔つきがさらに変わったような気がしました。


文責:スタンフォード大学研修プログラム引率者