ブログ 平成26年度 神奈川県高等学校新人ボクシング大会結果報告

平成26年度 神奈川県高等学校新人ボクシング大会結果報告

Posted on

20141109_135043

11月1日(土)2日(日)8日(土)9日(日)の4日間に渡って、神奈川県高等学校ボクシング新人大会が行われ、浅野学園ボクシング部から3名の選手が出場しました。

11/1(土)

ライト級1回戦
田中雄也(高一)VS 早坂隆選手(横浜総合) 3対0の判定負け。

9月に実戦デビューしてからまだ3戦目。一試合ごとに内容はよくなっています。今回は果敢に前に出る姿勢が見えました。負けはしましたが、次戦以降に期待の持てる内容でした。

11/2(日)

ライトウェルター級1回戦

森川正崇(高二)VS杉野迅選手(鎌倉学園)  TKO勝ち(3R54秒)

キャリアに勝る森川が終始試合をリード。安定した試合運びで、3ラウンドTKOで試合を決めました。

11/8日(土)

ライト級2回戦

鈴木一真(高二)VS早坂隆選手(横浜総合) 3対0の判定勝ち

鈴木らしいアウトボクシングを展開。積極的に前に出てくる相手をうまくさばいて対応しました。シードのため2回戦が初戦となり、多少固さが見られたものの内容的には3-0の圧勝。確かな成長が感じられる試合でした。

ライトウェルター級2回戦

森川正崇(高二)VS山田陽一朗選手(武相) 3対0の判定勝ち

相手は10月にデビューしたばかりの武相の1年生選手。さすがに森川が得意の豪打で圧倒。危なげなく決勝戦にコマを進めました。

11/9日(日)

ライト級決勝戦
鈴木一真(高二)VS堀尾裕司選手(武相) 棄権負け

前日の試合で痛めた右拳が回復せず棄権しました。

ライトウェルター級決勝戦

森川正崇(高二)VS河津光貴選手(武相) 2対1の判定勝ち

過去の対戦で1勝1敗の好敵手との対戦。1ラウンド目は森川が試合をリード。明らかにカウンターを狙っている相手に自分から果敢に攻撃を仕掛け優位に試合を進めました。しかし、2ラウンド目以降勝負はもつれ、最後は両者気力の勝負に。どちらが勝者となってもおかしくない内容でしたが、僅差の判定で勝者は森川に。まだ課題がないとはいえない内容でしたが、とにかくこの勝負をものにできたのは大きかったと思います。河津選手とはこれからも対戦機会があると思いますが、二人ともお互いを高めあっていってくれればと思います。

以上の結果から、ライト級の鈴木とライトウェルター級の森川は12/20(土)から栃木県にて行われる関東選抜大会への出場権を得ました。優勝した森川はこの大会で勝ち抜けば、3月の全国選抜大会につながります。

また、学校対抗の部では浅野学園は第3位に入賞しました。

お世話になった皆様、ありがとうございました。今後とも応援よろしくお願い致します。

(文責 顧問)