ブログ 第4回教養講座

第4回教養講座

Posted on

10月30日(木)、11月6日(木)のいずれも放課後を使い、第4回教養講座を行いました。今回は高校一・二年生を対象とし、内容はハーバード白熱教室で有名なマイケル・サンデル教授の著書"What money can't buy"(邦訳書名は『それをお金で買いますか?市場主義の限界』)chapter1を英文で輪読し、内容についてディスカッションを行うというものです。高校一年生2名、高校二年生6名の8名が参加しました。また、教員は英語科と公民科の教員2名が参加しました。参加者には小見出しごとに割り当てられた自分の担当部分を要約し、内容に関する疑問点や提起したい論点を明確にしたレジュメを作成してもらいました。教養講座当日には図書館1階の多目的スペースに集合し、1人ずつ発表を行いその内容についてディスカッションを行いました。今回輪読した内容は行列への割り込みや転売といった身近にある問題をテーマにしたものであったためか、参加した生徒諸君は活発に議論を行っていました。市場原理を導入することによって起こると考えられる道徳的価値低下の可能性について、生徒自身が考えるきっかけになったと思います。また、大学のゼミに似た形式でディスカッションを行うことに新鮮味を感じたという感想もありました。今後もこのような形の講座を実施したいと考えています。

(文責:教養講座担当)