ブログ 歴史研究部春合宿?京都 平安時代の遺跡を巡る

歴史研究部春合宿?京都 平安時代の遺跡を巡る

Posted on

157

歴史研究部では終業式翌日の3月26日27日、顧問3名・部員14名で京都に行ってきました。今年の打越祭でのテーマ「奥州藤原氏」に合わせて、源義経関連の史跡を調査するためです。

一日目は義経が幼少期を過ごした鞍馬寺を巡りました。平安時代から都を守護する立場を与えられており、現在でもパワースポットとして多くの人々が訪れる場所です。思っていたよりも山登りが大変でした。その後、都に戻り、六波羅蜜寺を訪れました。六波羅蜜時には教科書や資料集でお馴染みの「空也上人像」や「平清盛像」があり、間近で見れたことに感動している生徒もいました。

二日目は義経と源義仲の戦いで有名な宇治を訪れました。平等院の極楽浄土の世界に思いを馳せつつも、源頼政の墓も平等院内部にあり、古代から中世へと時代が移り変わっていく中で、本院が重要な位置をしめていたことが分かりました。その後は、清和源氏の氏神である八幡神を祀っている石清水八幡宮を訪れました。本殿が門と平行になく、やや斜めに置かれていることに生徒が疑問を感じていました。すぐには答えが出そうにない問題です。最後は、三十三間堂を訪れ、二日間の京都の旅を終えました。

二泊の合宿では、上級生・下級生の隔てなく、和気あいあいと過ごしていたの印象的でした。今回巡検班長として、中2(新中3)の二人が自分たちで行程を決め、皆を先導しました。いくつかの点で不十分なこともありましたが、初めてにも関わらず一生懸命頑張っていたと思います。今後も「九転十起」の精神で、失敗にめげずに、常に色々なことに挑戦してほしいです。

[文責:歴史研究部顧問]