ブログ 平成27年度 第57回関東高等学校ボクシング大会県予選会結果報告

平成27年度 第57回関東高等学校ボクシング大会県予選会結果報告

Posted on

4月12日(日)19日(日)26日(日)の3日間に渡って、関東高等学校ボクシング大会県予選会が行われ、浅野学園ボクシング部から5名の選手が出場しました。20150502_082336_2

4/12(日)

フライ級1回戦 田島義基(高一)VS 重井浩輔選手(武相) 2対1の判定負け。

強豪武相の高三を相手に互角以上の勝負をしました。1ラウンド目は緊張からか動きが硬かったものの、2ラウンド目以降は田島の得意の距離で試合を展開し、ペースを握ります。しかし、3ラウンド目のラスト30秒、重井選手の連打を浴び、それが明暗を分けました。しかし、高校デビュー戦であることを考えるとこれからに期待の持てる試合内容だったと思います。

ライト級A1回戦 田中雄也(高二)VS 成田智哉選手(鎌倉学園) TKO勝ち 3R1分58秒

なかなか結果が出せず苦しんできた田中が、終始優勢に試合をすすめ会心の勝利をおさめました。打って相手をさがらせた後、すかさず前に出てパンチを繋ぐ、など今まで課題としてきたことが試合で出来るようになってきました。これからの活躍に期待の持てる試合でした。

ライト級A1回戦 倉地澄人(高一)VS 相澤拳選手(武相) TKO負け 1R1分20秒

苦い敗北となりましたが、強豪選手相手にいい経験をしたと思います。この敗北も今後の糧になると思います。なお、相澤選手はこのブロックで優勝して関東大会出場を決めました。

4/19(日)

ライト級A準決勝 田中雄也(高二)VS 太田魁星選手(武相) 3対0の判定負け

実績のある太田選手相手に、右のカウンターから前に出ての攻めなど、随所によいところがありました。相手の経験の前に敗れましたが、これからにつながるよい試合をしたと思います。パンチもだいぶ見えてきて、試合で力を発揮できるようになってきました。今後に期待です。

ライト級B準決勝 鈴木一真(高三)VS 田橋健選手(相模向陽館) 棄権勝ち

相手選手欠場のため棄権勝ちをおさめました。

ライトウェルター級準決勝 森川正崇(高三)VS 山田陽一?選手(武相) 2対1の判定勝ち

丁寧にジャブを突き、アウトボクシングを展開する山田選手を攻めあぐねましたが、判定勝ちをおさめました。キャリアからすると、森川が圧倒するかと思われましたが、山田選手の成長を感じました。

4/26(日)

ライト級B決勝

鈴木一真(高三)VS 石川知盟選手(神奈川総合産業) 3対0の判定勝ち

接近戦を得意とする石川選手とアウトボクシングを得意とする鈴木の戦い。前に前に出てくる石川選手に対して、鈴木はなかなか自分の距離を作れないものの、右ストレートや、右アッパーをいいタイミングで当て、ポイントを重ねます。3R最後のラスト30秒では日頃練習で特に取り組んでいたとおりのラッシュを見せ、確実にポイントをとりました。この厳しい戦いの中で、日頃の練習の成果が出たとてもいい試合だったと思います。練習で地道に取り組んでいれば試合でそれが生きる、という見本のような試合。後輩たちにもぜひ見習ってほしいところです。

ライトウェルター級決勝

森川正崇(高三)VS堀尾裕司(武相) 棄権負け

練習での骨折により棄権しました。

試合結果(入賞者のみ)

鈴木一真 ライト級B 優勝

森川正崇 ライトウェルター級 準優勝

田中雄也 ライト級A 3位入賞

学校対抗の部 第3位(13点)

この結果から、鈴木と森川は6/5(金)から山梨県にて開催される関東大会への出場が決まりました。

これからも一層精進して参りたいと思います。 今後とも応援よろしくお願いいたします。

また、お世話になった皆様ありがとうございました。

(文責 顧問)