ブログ 2015年6月アーカイブ

平成27年度 第69回全国高等学校ボクシング大会県予選会報告

Posted on

Photo

6月13日(土)14日(日)20日(土)21(日)4日間に渡って、全国高等学校ボクシング大会(インターハイ)県予選会が行われ、浅野学園ボクシング部から3名の選手が出場しました。

6/13(土)

フライ級1回戦 田島義基(高一)VS 申勝利選手(横浜サイエンスフロンティア高校) 棄権勝ち

相手選手棄権のため、棄権勝ちでした。

ライト級1回戦 田中雄也(高二)VS 神中?慶選手(鎌倉学園) 2対1の判定勝ち

前日まで研修旅行だったため、万全な態勢ではなかったものの、自分のパンチを的確に当てて優位に試合を進めました。成長の感じられた試合でした。

ライト級1回戦 倉地澄人(高一)VS 相澤拳選手(武相) 3対0の判定負け

前回TKO負けを喫した強豪選手相手によく3ラウンド戦いました。随所によい動きも見られ、負けはしたものの、成長の見られた試合でした。

6/14(日)

フライ級2回戦 田島義基(高一) VS 徳山雄大選手(慶應) 2対1のポイント勝ち

関東大会県予選のフライ級優勝者相手に勝利をつかみました。1ラウンド目は若干かたさが見られたものの、2ラウンド目以降は積極的にパンチを出し、特に3ラウンド目後半は前に出ながら手数で上回りました。気持ちでつかんだ勝利だと思います。

ライト級2回戦 田中雄也(高二)VS 太田魁星選手(武相) TKO負け 1R1分45秒

関東予選で敗れた相手との再戦。強打者の上に接近戦で手数を多く出してくる太田選手相手に、打ち合いの中でのうまいタイミングでのカウンターなどよいところも見られたものの、やはり打ち合いの中でダウンをとられ、残念ながらTKOで敗れました。しかし、研修旅行明けという悪コンディションの中、研修旅行(修学旅行)中も体重管理や体力の維持などに努め、コンディションを整えてよくがんばったと思います。

6/20(土)

フライ準決勝 田島義基(高一)VS 大庭翔太選手(武相) 3対0のポイント勝ち

1ラウンド目はいまいち主導権を握れなかったものの、2ラウンド目以降は的確にパンチを当てて主導権をとり、優位に試合を進めました。

6/21(日)

フライ級決勝 田島義基(高一)VS 長谷川貴之選手(横浜) 2対1の判定勝ち

相手は基本に忠実に高いガードからきれいなストレートパンチを出してくる強敵。リーチの長い相手をどう攻略するかがカギだったが、1ラウンド目、なかなか自分の距離にならず、明確なポイントがとれない。2ラウンド目の中盤以降、田島のパンチが当たり始める。そこから手数で相手を圧倒し、気持ちで2ラウンド目はとりきった。勝負の3ラウンド目、お互いの気持ちがぶつかりあう。田島のパンチも当たるが、相手のパンチももらい、田島も気持ちで最後まで前に出るが、明確なポイントがないままゴングが鳴った。どちらの手が上がるのかどきどきして見守る中、判定は田島に。最後まで切れない気持ちと、普段の練習で培った最後までパンチを出せるスタミナが導いた勝利だと思います。両者譲らない良い試合でした。

高校一年生の田島がフライ級で優勝し、7月28日から兵庫県で開催されるインターハイの出場権を得ました。インターハイでの上位入賞を目指して、夏に向けて頑張っていきたいと思います。

また、今大会出場予定だった高三の森川正崇と鈴木一真は両者とも怪我のため欠場し、今大会をもってボクシング部を引退しました。高三はこの2名だけでしたが、この1年間部を支えてよくがんばってくれました。実力的にもインターハイ出場を狙える位置にいただけに、最後のインターハイ予選の欠場は辛かったと思います。ただ、引退後は気持ちを切り替えて、今度は受験勉強に邁進して欲しいと思います。いままで、本当にありがとう。

これからも一層精進して参りたいと思います。 今後とも応援よろしくお願いいたします。

また、お世話になった皆様ありがとうございました。

(文責 顧問)

ビブリオバトルを実施しました。

Posted on

6月27日(土)の放課後に、図書研究会によるビブリオバトルが行われました。

Blog

 

今回のビブリオバトルは新入部員のデビュー戦でもありましたが、とても初めてとは思えない、堂々とした発表をしてくれました。

『セブンスタワー』(ニクス・ガース 著)という物語を紹介した中学1年生が、20票のうち9票を獲得し、見事にチャンプ本(最優秀賞)を獲得しました。

Blog_2

他に『獣の奏者』(上橋菜穂子 著)と『太陽の塔』(森見登美彦 著)が紹介されました。どちらも思いのこもった発表で、まだまだプレゼンに課題はあるものの、紹介者の成長がうかがえました。

 

部活動体験会や打越祭(第一部・文化祭)では、質の高いビブリオバトルをお見せできるよう、日々の練習にも力が入っています。ご期待ください。

 

文責:司書教諭

中学サッカー部 私学大会グループリーグ結果

Posted on

 相手校の素晴らしいグラウンドにて、中央大学附属横浜中学校との対戦でした。

 開始1分、相手のエースにいきなり突破を許し失点、最近多い先行を許す展開。しかしイレギュラーの少ない人工芝とありパスワークで少しずつリズムをつかみ始めると、前半20分に得たFKを石毛(MF・3年)が直接叩き込み同点。直後には主将・奥(FW・3年)が右サイドからドリブルで突破し逆転弾。後半10分には石毛の右からのクロスに小関(MF・3年)が中央で合わせて3点目。その後同じ選手に追加点を許すも1点差を守り勝ち点3を得ました。

 昨年はグループリーグ2位通過も、決勝トーナメントを勝ち切り神奈川県優勝を果たしました。今年もそれに続きたいと思います。夏の日差しが感じられる蒸し暑い中、応援に駆け付けてくださった皆様に御礼申し上げます。

◇神奈川県私立中学校リーグ・予選リーグ 6/28(日)13:00ko中大横浜G

・浅野 3?2 中大横浜(前半2-1) 得点:石毛、奥、小関 

(文責:顧問)

Img_3840

Img_3841

 

高校サッカー部A・B 県U-18リーグ結果

Posted on

 標記リーグ戦2試合が行われました。

 浅野Aは第2節、湘南学院Cとの対戦。序盤からパスワークでリズムをつかもうとするも相手の粘り強さと自分たちの技術的ミスでうまく波に乗り切れず、逆にカウンターから決定機を与えてしまう前半。後半徐々に相手の足が止まり始めたところでボールを支配し始め、尾形(FW・3年)のミドルシュートをGKがはじき、こぼれたところを後半から出場の岡村(MF・2年)が押し込んで先制。そのまま逃げ切りなんとか勝ち点3を奪いました。

 浅野Bは第3節、法政二Bとの対戦。開始直後からの相手のプレッシングに何もできないまま2分で失点。その後何とかDFラインを押し上げるも背後を突かれ、前半3失点。ハーフタイムに守備修正を確認するも、個々の能力に勝る相手の攻撃の勢いを止めることができず、さらに失点を重ねて0-7の大敗を喫しました。そんな中でも池田(GK・1年)の好セーブや臼田(DF・3年)の守備には光るものがあり、次につながる部分もありました。

 暑い中応援に駆け付けてくださった保護者・OBの皆様、ありがとうございました。

◇神奈川県U-18リーグ3部

Jグループ第2節 6/28(日) 8:50ko 浅野Gにて

・浅野A 1?0 湘南学院C(前半0-0) 得点:岡村

Fグループ第3節 6/28(日) 12:50ko 法政二Gにて

・浅野B 0?7 法政二B(前半0-3)

※次節は以下

浅野Avs神奈川工業 7/5(日)9:00ko浅野G

浅野Bvs旭B 7/18(土)13:00ko浅野G

(文責:顧問)

1_11

2_11

卒業生によるビジネス・ディベート指導

Posted on

Ob_debate_15626

 フランスのパリで生活している卒業生がたまたま来校したため、ディベート同好会の指導をお願いしました。10年ほど前に卒業した相川友幸氏は、現在GE(ゼネラル・エレクトリック社)のフランス現地法人に勤務しており、バカンスを利用して日本に帰国中、久しぶりに本校を訪れたとのことでした。

 彼の経歴の紹介から始まり、ロンドン留学時やパリでの勤務時に体験したエピソード、海外でさまざまな国籍の人とディベートやディスカッションをするときのテクニックや心構えなどを、90分にわたって生徒に語ってくれました。もちろん、自分の将来を生徒一人一人に英語でスピーチさせながら双方向のコミュニケーションも大事にしたので、さながら大学のゼミのような有意義な90分となりました。

 終了後も高校生はいくつも質問をぶつけ、先輩から何でも吸収しようとする姿勢が見られました。貴重な機会を存分に活かすことができたようです。

文責: ディベート同好会顧問

新着図書の紹介 No.2

Posted on
こんにちは。清話書林から、新着図書のお知らせです。
図書館2階の「新着図書」コーナーに展示している本の中から、今回は「文章や言葉」に関する本を紹介します。
? 『読者はどこにいるのか 書物の中の私たち』、石原千秋・著、河出書房新社
 「一般の読者」という言い方が成立するためには、多くの読者が何かを共有しなくてはならない。それが何かを考えていく一冊。
? 『「言葉の力」を感じるとき』、言の葉協会・編、柿本書房
 第五回「言の葉大賞」の入選作品集。大人から子供まで様々な人々が書いた絵手紙や文章が載っており、文章の書き方の勉強にもなる一冊。
Img_3694
これらの書は文章を書くうえでの参考にもなりますし、小説が好きでよく読むという人にもおすすめです。ぜひ手に取ってみてください。
文責: 図書館運営委員会

英語即興ディベート大会に出場

Posted on

6月14日(日)、日本高校生パーラメンタリーディベート連盟主催の英語即興ディベート大会・新人戦(第4回新緑杯)が行われました。本校ディベート同好会からは高校生4名が出場し、3試合を戦って1勝2敗の結果でした。初出場ながら1勝できたことは大きな成果ですが、まだまだ力不足を実感したようです。議題は、即興のため20分前に発表され、“高校生にアルバイトを強制するべきか”とか、“裁判のようすをテレビで放映するべきか”といった社会的な内容でした。対戦校は埼玉県や茨城県など関東各地の高校で、本校の部員にとって、大変よい刺激を得る機会となりました。Dsc_0102

 

 ディベート同好会では、放課後のディベート練習や、昼休みのLunch Time Talks(ネイティヴの先生との対話)をつうじて研鑽を重ね、より多くの大会への出場を目指していきます。今夏には、ディベート力や英語運用能力を高めるため、福島県にあるブリティッシュヒルズで合宿も行う予定です。

Lunch_talks_1551

文責: ディベート同好会顧問

お弁当試食会を実施しました。

Posted on

Img_6351_2PTA厚生部では、6月20日(土)の部会でお弁当試食会を実施しました。

浅野には学食はありませんが、1つ410円で朝のうちに注文しておけば、お昼にお弁当が届きます。

今回のメニューは、コロッケ・炒め物・豆腐・サラダなど、ボリューム満点です。

試食後は、みんなで意見を交わしながら、ボリュームや栄養、味付けなどについてアンケートを行いました。

この便利なシステム、時には利用してみてはいかがでしょうか。(文責:PTA厚生部)

防災訓練を実施しました

Posted on

6月16日(火)の5・6限にて、防災訓練を実施しました。震度5強の地震が発生した、という想定で避難訓練を実施し、緊急災害時における学校内での注意事項や避難経路を確認しましたが、大きな混乱もなくスムーズに全学年がグラウンドへ避難することができました。

避難訓練の過程で、中学1年生は「煙体験」を行いました。

Photo_4


煙にまかれた時は、残っている新鮮な空気と視界を確保するために体を低くし、壁伝いにあるくことが効果的であることを体感してもらいました。

Photo_5


グラウンドに避難完了後には、神奈川県消防署浦島消防出張所の吉田所長から防災に関する講話をいただきました。避難の原則である「おさない、かけない、しゃべらない、もどらない」の重要性を改めて教えていただきました。一人ひとりが意識して避難の原則を守ることが自分や周りの命を救うことにつながる、ということが理解できたのではないでしょうか。

また、普段の生活の中で強くは意識しませんが、多くの災害が起こっている現在の日本に暮らしている以上、大きな災害がいつ起きてもおかしくないという危機感を持って災害に備えることが必要だ、と教頭先生からご指導いただきました。

その後、地域別に分かれて非常時の集団下校の指導も併せて行いました。

生徒一人ひとりが防災についての意識を高く持ち、万が一の時には訓練通りに行動できるよう、教職員もより一層意識を高く持ち、安全な学校環境づくりに取り組んでいこうと、決意を新たにする一日となりました。

 

文責:総務部防災担当

 

平成27年度第57回関東高等学校ボクシング大会結果報告

Posted on

1434594078772

6月5日(金)?6月8日(月)にかけて平成27年度関東高等学校ボクシング大会が行われ、浅野学園ボクシング部から鈴木一真(高三)がライト級で出場しました。

ライト級B1回戦 鈴木一真(高三)VS 山里透選手(茨城県 高萩清松高校) 3対0の判定負け

鈴木は自分の距離でアウトボクシングを展開したいが、山里選手が距離をつめてくる。接近した間合いでの攻防が多くなり、なかなか決定打の出ない試合展開。微妙な判定でしたが、ジャッジは山里選手の攻勢をとりました。なお、山里選手はその後も勝ち進みライト級Bで優勝しました。

残念ながら、初戦敗退となってしまいましたが、中1から高三までやってきて、ここまでの力をつけたのかと感心する立派な試合でした。日頃の練習の成果だと思います。

これからも県外大会での上位入賞を目標に頑張っていきたいと思います。 引き続き応援よろしくお願いいたします。

お世話になった皆様ありがとうございました。

(文責 顧問)

平成27年度 全日本アンダージュニア王座決定戦関東ブロック予選会結果報告

Posted on

20150531_144246

5月31日(日)全日本アンダージュニア王座決定戦関東ブロック予選会が行われ、浅野学園ボクシング部から2名の選手が出場しました。

56?級1回戦 吉見武久(中3)VS 根元元太選手(栃木件) 2対1の判定負け

1ラウンド目は完全に吉見のペース。吉見の持ち味である早い強打が面白いように当たった。が、2ラウンド目以降それが続かず、相手に攻め込まれ吉見の手数も減ってしまった。終始前に出て手を出していれば勝利を手にできたのではないかと悔やまれる。今後の成長を期待したい。

64?級1回戦 松村和弥(中3)VS 中村洸太選手(千葉県) TKO負け 3R1分5秒

松村は今回がデビュー戦。相手はデビュー戦の相手としては強かった。1ラウンド目は相手に押され、ダウンもとられた。しかし、2ラウンド以降はデビュー戦とは思えないほど自分のペースを取り戻し、盛り返した。3ラウンド目も落ち着いて試合を進めたが、軽く入ったパンチであごが上がりダウンを取られ、ここでレフェリーストップ。効いたパンチではなかっただけに残念。強敵相手のデビュー戦でここまでやれたのは立派。ただ、ガードの低さとあごのあがる癖は修正する必要を感じた試合だった。

残念ながら、関東大会は両者とも初戦で敗退してしまいました。ただ、県外大会に出場したことは大きな経験になったと思います。 この経験を生かしてこれからも一層練習に精進してほしいと思います。

お世話になった皆様ありがとうございました。

(文責 顧問)

アドルフに告ぐ&山の手事情社

Posted on

劇団こぎと(演劇部) です。

こぎと は土曜に KAAT神奈川芸術劇場にて、 

舞台『アドルフに告ぐ』 を観劇し、

 

日曜に 県立横浜清陵総合高校にて、 

世界三大演劇祭でも活躍される「劇団山の手事情社」から

浦弘毅先生をお招きした《演劇ワークショップ》に参加しました (*^_^*)

 201506131823000

201506141026000

201506141305000

『アドルフに告ぐ』は 手塚治虫さん の名作漫画を

日本屈指の演出家・栗山民也さん が舞台化したもので、

手に汗握る三時間、

平和と差別・正義について考えさせられたひととき でした。

 

《演劇ワークショップ》は

「俳優とは何か」という座学に始まり(ヨーロッパでは俳優は国家資格であること、俳優は文化の担い手のため、たとえばテロで劇場が狙われることがあること、という話には生徒たちから驚きの声が上がっていました)、

正しく声を出す体作り・声の訓練…、と続きます。

声帯は20歳までに固まってしまうので、正しく体を使う、意識して体を使う、というのは

中高生のこの時期にこそやらなければならないのだ、と

他の学校の高校生たちと一緒に、深く考えた、刺激的な一日でした。

************************************

劇団こぎと では、設立当時から様々な機会を通じ、心を豊かにし、文化的な経験を積んでもらう教養講座も行っているのです(^o^)

2015年教養講座第1回「大英博物館展の見学」

Posted on

Photo_116月13日(土)の午後、中学1年生から高校1年生までの総勢34名で東京都美術館で開催されている大英博物館展に行ってきました。土曜日の午後ということもあって、博物館が混んでいましたが、生徒たちは100の展示物を熱心に見ていました。「ウルのスタンダード」やハリーポッターでお馴染みの「ルイス島のチェス駒」が特に人気でした。写真は「ルイス島のチェス駒」のレプリカの前で撮影したものです。

 今回の教養講座は上野公園にある文化施設(東京国立博物館・国立西洋美術館など)を生徒たちに知ってもらうということを目的に企画しました。生徒たちの中には初めて上野公園に来た生徒もおり、生徒たちが関心を抱くきっかけになってくれれば幸いです。

 今年度も、生徒たちの「知の世界」を広げられるように、様々な教養講座を企画していきます。

[文責:教養講座担当]

高校サッカー部B 県U-18リーグ(3部)第2節

Posted on

4

 第2節は横浜サイエンスフロンティア高校との対戦。前半、立ち上がりからチャンスを作るも決めきれず均衡した状態が続いたが 、1節に続き狭間(MF・3年)が左45度からゴール右に突き刺し先制、 前半を1-0で折り返し。

 後半開始早々、コーナーキックから合わせられ同点に追いつかれる。
後半10分 藤井(MF・2年)に変え 瀬戸(MF・1年)を投入すると、15分 小川(MF・3年)がサイドを突破し中にクロス、こぼれを瀬戸が落ち着いて決め勝ち越す。追加点を取るべくさらに壇(DF・1年) 、原田(MF・2年)、丹谷(MF・2年)を投入するも特点を奪えず、逆にピンチが多くなり 後半30分 相手のシュートは池田の頭上を抜け失点 。
勝ち越すべく 狭間を軸に決定機を作るもオフサイドの判定、2-2のまま試合終了となりました。選手が決めるMOMは今回該当者なしということでお願いいたします。

 勝ちきれませんでしたが勝ち点1で終えたのは一つの収穫です。反省点を次に生かしていけるのがリーグ戦。次節、格上との対戦ですが彼らはやってくれるでしょう!

◇県U-18リーグ第2節 2015.6.14(日)8:50ko浅野高校会場

・浅野B 2?2 横浜サイエンスフロンティア (前半1-0) 得点:挾間、瀬戸

※第3節 vs法政二B 6/28(日)12:50ko法政二会場

(文責:顧問)

館内展示の紹介 No.1

Posted on

Photo_3

 館内のあちこちにはピクチャーレールが取り付けてあります。これは絵やポスターなどを額に入れて、吊るして飾るためのものです。とりわけ都内や横浜の美術館・博物館などで開催される特別展などの宣伝ポスターは、テーマが合致する本を紹介するのに効果的です。

 現在、上野の東京都美術館で開催中の「大英博物館展?100のモノが語る世界の歴史」は、館長のニール・マクレガー氏の著した同名のタイトルの本が、すでに日本語訳で出版されています。この機会に特設コーナーを設けて紹介することとしました。

 今回、特別展で出品されている「モノ」は、この本で詳しく説明されているものばかりで、予習として読んでも、鑑賞後に思い返すために読んでも、大変タメになる内容となっています。実際に本校の生徒も、教養講座の一環としてこの展覧会に足を運びました。100ある作品の中からお気に入りの「モノ」が見つかったら、ぜひ、館長自ら語るこの本を読んでみてください。

 ニール・マクレガー著、『100のモノが語る世界の歴史』(1?3巻)、筑摩書房。

 文責: 図書館運営委員会

高校一年希望者 社会科見学を実施しました

Posted on

Photo_2

6/11の芸術鑑賞会終了後、高校一年生の希望者70名をつれて社会科見学を実施しました。最高裁判所を説明していただきながら見学し、その後、永田町近辺を散策し、最後に衆議院憲政記念館を見学しました。今後も積極的に、このような見学会に参加してくれることを期待しています。(文責:社会科見学担当)

高校一年 芸術鑑賞会を実施しました

Posted on

Photo

高校一年生は、6/11に国立劇場にて芸術鑑賞会を実施しました。前半の「歌舞伎のみかた」では、代表2名が舞台にあがり、女形の仕草、歩き方を指導していただきました。後半は、「壺坂霊験記」を鑑賞し、伝統文化に触れ合う貴重な体験をすることことができたと思います。(文責:高一学年会)

高校二年研修旅行 最終日

Posted on

Dscn1593

Dscn1594高二研修旅行最終日です。

ようやく晴れました・・・。

今日はバスで太宰府天満宮ヘ行きました。

記念写真を撮り、それぞれが合格祈願をしました。

担任も合格祈願の絵馬をかけ、1年半後の生徒たちの笑顔を願いました。

その後、昼食をとり、新幹線で新横浜に戻りました。

5日間の研修旅行が終わりました。

「ここでしか学べないことを学んでほしい」「最高の思い出を作ってほしい」

この2つの願いのもと、研修旅行を企画・準備してきました。

この研修旅行が、生徒にとっていいものになっていることを願っています。

来週からはまた勉強・部活の日々・・・真剣勝負で頑張りましょう!

(文責 高二学年会)

高校二年研修旅行 4日目

Posted on

Dscn1574高校二年研修旅行4日目です。

今日は1日班別自主行動。

班別行動で多くの生徒が行った場所にハウステンボスがありました。

今日の長崎は大雨洪水警報が出るほどの大雨でしたが、時間によってはやんでいて、傘を持たずに記念写真を撮ることもできました。

きれいなヨーロッパ風の町並みや、アミューズメントを生徒たちは満喫していました。

いよいよ明日は最終日。太宰府天満宮で合格祈願です。明日(だけでも)天気になあれ!

(文責 高二学年会)

高校二年研修旅行 3日目?

Posted on

Dscf0072

Dscf0064引き続き、高二研修旅行3日目です。

午後から長崎班別自主行動がスタートしました。

生徒たちから希望が多かったスポットの1つが、

話題の軍艦島です。

見学ツアー自体の人気もかなり上がっていて、満員の船で軍艦島に向かいました。

廃墟となった軍艦島の迫力、そして実際にこの島で生活していた方によるリアリティー溢れるお話に、

生徒たちはひきつけられていました。

明日は1日班別自主行動で、佐世保やハウステンボスなど、さらに行動範囲も広げます。

でも予報は雨・・・。明日天気になあれ!

(文責 高二学年会)

高校二年研修旅行 3日目?

Posted on

Dscn1541高二の研修旅行も3日目となりました。

今日の午前のテーマは「平和学習」。

初めての試みで、平和学習フィールドワークを行いました。

バスガイドさんの案内のもと、平和公園や、その周囲にある、長崎の原爆に関する場所を、2時間かけて巡りました。

写真は爆心地から100mほどのところにある「下の川」。

あの日、ここには被爆した人々が水を求めて集まり、悲惨な光景が広がっていたのだそうです。

そのほかにも、吹き飛ばされた浦上天主堂の鐘楼、鼻の折れた石像、ひん曲がった鉄骨のみが残る刑務所跡・・・。

長崎には原爆の恐ろしさを今に伝えるものが、たくさん残っています。

楽しい研修旅行の中でも、この時間は生徒は真剣に学んでくれました。(文責 高二学年会)

新着図書の紹介 No.1

Posted on
こんにちは。清話書林から、新着図書のお知らせです。
本日は、図書館2階の「新着図書」コーナーに展示している本の中から、日本史の本を2冊紹介します。

Img_3693

 
?『帝国日本の技術者たち』沢井実著/吉川弘文館
 満鉄の機関車の設計者たちから、キャノンのカメラ生産の変化に携わり高度成長を牽引した技術者まで、 近現代日本の発展を支えた技術者たちの実態に迫る一冊です。
?『馬と人の江戸時代』兼平賢治著/吉川弘文館
 江戸時代においては、将軍から百姓に至るまで、どんな階級の人にとっても馬は身近な存在でした。 歴史の一役を担ってきた馬と江戸時代の人との関わりを、丹念に追っていきます。
 
??はいずれも、吉川弘文館という出版社から発行されている、「歴史文化ライブラリー」シリーズの一冊です。歴史に興味があるのか、手に取ってパラパラと中身をのぞいている中学生もいました。雨の多いこの季節、読書に浸ってみるのはいかがでしょう?
文責: 図書館運営委員会

高校二年研修旅行 2日目

Posted on

Dscf0034_2

高二研修旅行2日目です。

熊本の朝は大雨・・・どうなることかと思ったのですが、

願いが通じたのか、出発の頃にはやんでくれました。

今日は2コースに分かれて熊本から長崎へ向かいました。

柳川の水郷を「ドンコ船」でまわり、うなぎのせいろ蒸しを食べ、吉野ヶ里遺跡を散策するコースと、

熊本市内を判別行動で回り、長崎の伝統行事「ペーロン」を体験するコースでした。

写真は「ペーロン」の様子です。20人1チームで、白熱したレースを行い、大いに盛り上がりました!

明日は平和学習をした後、長崎の班別自主行動です。明日も天気になあれ!

(文責 高二学年会)

高校二年研修旅行 1日目

Posted on

Imgp0036

高校二年生の、待ちに待った研修旅行が始まりました。

7時49分発ののぞみに乗って5時間、博多からバスに乗って2時間。

15時に熊本に到着。

最初に、熊本県立劇場にて、

水俣病患者家族の語り部の方から、貴重なお話を聞くことができました。

その後、熊本城へ。しかし天気はあいにくの雨・・・。

傘を持ちながらの熊本城見学となりました。

明日は熊本から長崎へコース別で移動します。明日天気になあれ!

(文責 高二学年会)

ネパール地震支援募金を行いました

Posted on

6月4日(木)、5日(金)の2日間にわたって、JRC部(青少年赤十字)と生徒会の合同で、ネパール地震支援募金を行いました。4年前の東日本震災後、貧しい国であるネパールからも日本への支援がありました。2日間で¥51,499の善意の募金が集まりました。日本赤十字社を通して、ネパールの復興に役立たせていただきます。ご協力ありがとうございました。(文責:JRC部顧問)

Img_0822

高校サッカー部 浅野A 県U18リーグ(3部)開幕

Posted on

 昨年、強豪がそろう2部リーグから降格しました。1年での2部復帰が今年最大の目標です。開幕戦は敵地での釜利谷高校戦。ロングボールを多用してくる相手に対しまずはきちんと対応、そして組み立てといつものペースで戦うも、相手陣内でのミスも目立つ序盤。しかし7分に稲本(DF・3年)が思い切ってシュート、こぼれに増田(MF・3年)が反応して先制。18分にはその増田が左サイドで粘りラストパス、尾形(FW・3年)が合わせて追加点。後半18分には桑田(MF・3年)のシュートのこぼれに反応した中村(MF・2年)が3点目、そして終了間際には小林(MF・2年)の左CKに曽山(DF・3年)がドンピシャのヘッドで合わせて4点目。開幕戦を勝ち点3で終えることができました。

 次節までは間が空きますがTRMなどでプレーの精度を高めていきたいと思います。

◇県U18リーグ3部Jグループ第1節 2015.6.7(日)9:30KO釜利谷高校会場

・浅野 4?0 釜利谷(前半2-0) 得点:増田、尾形、中村、曽山

次節は6/28(日)8:50ko、vs湘南学院C、浅野高校会場です。ご声援よろしくお願いします。

(文責:顧問)

高校サッカー部 浅野B 県U-18リーグ(3部)開幕

Posted on

2_10 県U-18リーグには今年から2チームエントリーしました。まずはBチームが開幕、初戦は菅高校との対戦でした。公式戦に出場機会が少ない選手が多い中、前半は固さが目立ち手堅いゲーム運びができず、相手にチャンスを何度も与えてしまいますが、臼田(DF・3年)や藤井(MF・2年)を中心に粘り強く相手の攻撃に対応、池田(GK・1年)も安定感のある処理で攻撃につなげ始めると、前半19分、中盤で佐藤(MF・1年)のヒールから主将・岡本(MF・3年)が左サイドへ展開、これを挾間(MF・3年)が縦に持ち込んで得意の左足でゴール右に突き刺し先制。

 後半は自陣でのミスから相手にチャンスを与え同点とされるも、後半25分にDFラインからのロングパスに抜け出した挾間がまたも左足で決めて再びリード。その後は攻撃陣のパスワークがリズムを作って優位に試合を進め、そのまま逃げ切って初戦を勝ち点3で終えることができました。

 この日は普段公式戦に出場のAチームが応援に回りバックアップ。また授業参観後の保護者の皆様も多数応援に駆け付けてくださり、緊張感の中にも温かさのあるとても良い雰囲気で試合をすることができました。勝利で応えることができホッとしました。選手が決めるMOM(マンオブザマッチ)はやはり2ゴールの挾間。次節では彼にその座を渡すまいと、翌日からまた浅野Bチームは練習に励みます。ご声援よろしくお願いします。

◇県U18リーグ3部グループF 第1節

・浅野B 2?1 菅(前半1-0) 得点者:挾間2

※次節vs横浜サイエンスフロンティア 6/14(日)8:50ko浅野高校Gにて。

(文責:顧問)

1_10

歴史研究部?八王子巡検

Posted on

 5月31日、八王子で巡検を行いました。巡検班長から報告を行いたいと思います。予報では、当日の天気が悪く、登頂も困難かと思いましたが、30℃を記録し、とても暑かったです。八王子城?武蔵野陵・多摩陵?片倉城に行ってきました。ここでは、当日の様子や感想を述べたいと思います。

 まず、初めに行った八王子城ですが、山城で道が険しく、登頂が困難でしたが、その分、頂上から見た八王子の景色は素晴らしかったです。また、御主殿跡や八王子神社などを実際に見ることで八王子城の防衛的機能を果たしていたことが分かりました。

 次に武蔵野陵・多摩陵についてです。武蔵野陵は大正天皇のお墓で、多摩陵は昭和天皇のお墓です。両陵共に皇后の陵が東側(これは、中国の伝統に由来)にあり、形状も上円下方とすべて同一であまり違いが分かりませんでしたが、当時の天皇の権威を知ることができました。明治天皇以前の御陵は、近畿以西につくられており、京都に春合宿に行った際には、見てみたいと思いました。

 八王子城の支城である片倉城は予定には入れていませんでしたが、時間に余裕があったので行きました。片倉城跡公園として整備され、多くの子供たちが遊んでいました。集合写真はここで撮りました。

先輩と後輩、先生が一緒に史跡について喋り、いつもより会話が多く、また一段と先輩、後輩の仲がよくなったと思います。疲れたけど楽しい一日でした。

                              

  [文責:歴史研究部]

119

図書館?清話書林?へようこそ

Posted on

はじめまして。浅野学園・図書館の「清話書林」です。

このたび「清話書林」から本校ホームページをご覧の皆様に向けて、ブログで情報を発信することとなりました。図書館でのイベントのお知らせや新刊案内、日々のようすなどをお伝えします。よろしくお願いいたします。

図書館では、今年度から広報紙として「清話書林だより」を発刊しました。3

図書館からのお知らせや、司書教諭からのオススメ本を紹介しています。詳しい内容については、次回以降のブログ記事にてお知らせします。

 

 

また、図書館では毎月何らかのテーマを決めて、そのテーマに関する本の紹介コーナーを設けています。6月のテーマは「水」です。梅雨も近いので“雨降る季節に「水」の本”と題して特集を組みました。たとえば、「水」に関係する世界の諸情報を集めた『水の世界地図』(作・ロビン=クラーク)や、海を舞台とした作品『海の底』(作・有川浩)、その関連作品である『クジラの彼』(作・有川)など、様々な「水」関連本をとりあげています。

Img_0811

 

最後に6月ある日の日常の写真を添えておきます。授業が自習となる時間に図書館に来てもらい、課題や宿題、読書に打ち込んでもらっています。「話」の空間である1階では、生徒どうし互いに教え合いながら、課題に取り組む姿が写っています。「静」の空間である2階では、黙々と読書や自習に集中する生徒ももちろんいます。

Img_0809

                       

文責: 図書館運営委員会

関東大会の出場権を得ました(登山部)

Posted on

P5310024_25月30・31日に開催された、全国・関東登山大会神奈川県予選で、関東登山大会(10月2?4日、群馬県で開催)に2名を出場させる権利を得ました。6年連続11回目の出場となります。昨年に続き今年も、全国予選・関東予選それぞれにエントリーしたのですが、1校だけ選ばれる全国に勝ち残るには、まだまだ力不足。関東には選ばれはしましたが、近年の登山ブームの影響で出場校は増加の傾向にあり、きわどい通過でした。例年得点できない「天気図」で、努力の跡が見られるにもかかわらず、それでもこんなに厳しいのか、というのが正直な感想です。写真は関東にエントリーした4人が、登山行動を終え帰着報告をする直前のスナップ。登山行動中は、引率顧問は自分の学校が出場していないコースの審査をするので、シャッターチャンスは限られています。うまくつかまえることができました。(文責:顧問)

新子安地区の美化活動を行いました

Posted on

 快晴の5/31(日)早朝、新子安駅周辺、オルト横浜、子安小周辺、通学路とその付近を中心に清掃活動を行いました。参加者は日曜日に部活動に参加の有志およそ80名。普段何気なく通っている道路ですが、注意してみると意外と吸い殻や空き缶などのゴミが散乱しており、かなりの量になりました。通学路付近の自動販売機備え付けの空き缶入れをすべて取り出し、空にしようと生徒が発案。大量のゴミとともに本校に戻り、部活動に入りました。

 実は校外の通学路沿いのゴミ箱に心無い一部の生徒がゴミを捨てていくこと、道いっぱいに広がって歩くことなど、日頃より通学路周辺や近隣の皆様には何かとご迷惑をかけております。申し訳ございません。この一日で地域への貢献ができたわけではありませんので、これからも生徒が主体で周辺の美化に努めて参りたいと思います。(文責:生徒会顧問部)

5_3

4_5

1_9

3

2_9

高校サッカー部 総体予選4回戦敗退

Posted on

 報告遅くなりました。先日行われました総体予選4回戦は横浜創学館高校に敗れました。二次予選進出を目指していた浅野高校としては残念な結果に終わりました。

 前半半ばまでにミスから2失点してしまったのが大きく響きました。前半終了間際に小林(MF・2年)のミドルで1点差とし希望をつなぐと、後半早々に右サイドから岡村(MF・2年)が抜け出し同点ゴール。その後のベンチワークから決定機を演出するも決めきれず、延長戦でも一進一退のゲーム展開。PK戦に突入と思われた終了間際に、相手のカウンターから一人のドリブルにやられ決勝点を与えてしまいました。

 気持ちを切り替え、6月から始まる県U-18リーグに臨みたいと思います。

◇総体神奈川県一次予選4回戦 5/16(土)11:00ko弥栄高校会場

・浅野 2?3 横浜創学館 (1-2、1-0、延長0-0、0-1)

(文責:顧問)

2