ブログ エンパワーメント・プログラム始まる

エンパワーメント・プログラム始まる

Posted on

 本日(7月27日)より5日間、本校においてエンパワーメント・プログラムという企画が始まりました。

 

 初回の今年は、中3と高一合わせて150名余りの生徒が参加し、2コース4クラスに分かれての実施となりました。1クラスは40名前後で、サイエンス・コースとスタンダード・コースの2種類からなります。サイエンス・コースはテーマや内容が「科学」に特化したもので、より意欲のある生徒がチャレンジすることとなりました。

Ca3f0997

 このプログラムはISAが主催し、英語で会話をしながら自分とは何かを探求しつつ、社会的なテーマをディスカッションすることで、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につけていくという内容のものです。そのために、アメリカ西海岸にあるUC系列の学生が来日し、生徒5?6人に1人の割合でアドバイザーとしてプログラムに参加してくれます。

Ca3f1002

 プログラム自体は、ファシリテーターと呼ばれる統括者が各クラス1名配置されて、全体の進行をコントロールします。初日の午前は、どの生徒も慣れないプログラムと英会話にたじろぎ、緊張も加わって、かなり固まってしまうこともありましたが、午後の初めに短時間のアクティビティーを取り入れてリラックスしたことで、その後のプログラムは活気のあるものになりました。すでにいくつかのクラスでは、ディスカッションの内容をスピーチするくらいにまで向上しています。

Ca3f1004

 終了後には留学生と打ち解けて話をする光景も見られました。明日以降のプログラムも生徒たちが前向きに参加し、積極的に取り組んでくれることが期待できそうです。

 

文責: グローバル化推進委員会