ブログ ディベート甲子園で決勝トーナメント進出

ディベート甲子園で決勝トーナメント進出

Posted on

 ディベート同好会の中学2年生4名が、7月末に行われたディベート甲子園・関東甲信越地区予選に参加し、決勝トーナメントまで進出しました。Ca3f0901jpg_21

 

 

 

 ディベート甲子園とは、日本で最大の日本語ディベートの全国大会で、本大会は全国大会の出場校を決める地区予選でした。 本大会の論題は “刑事犯罪の実名報道を禁止する” というもので、大学生や社会人が行っても難しいものでしたが、上記の4名が初出場を果たしました。

 

 さらに彼らは予選を突破し、決勝トーナメントまで進出。あと1勝で全国大会というところまで行くことが出来ました。惜しくも今回は全国大会の切符を逃してしまいましたが、彼らはまだ2年生ということもあり、来年の大会で再チャレンジしてほしいと思います。Ca3f0903jpg_2

 

 

 本校のディベート同好会は、日本語で論理的に思考する力・発信する力を養いつつ、さらに英語でのディベートにも挑んでいくことを目標としています。今後も日本語・英語を問わずいろいろな大会に参加していきますので、今後の活躍にご期待ください。

文責: ディベート同好会顧問