ブログ 模擬国連に初出場

模擬国連に初出場

Posted on

11月に渋谷の国連大学で開催される高校生模擬国連・全日本大会に、本校から初めて2名の高校生が参加することが決定しました。

模擬国連とは、国連の総会や委員会を模した会議を設定して、参加者が各国大使の役割を演じながら、決められた国際的な諸問題を討議して、よりよい解決案を作りあげていく活動のことです。

今年で9回目となる模擬国連大会は、全国の高校から各校代表の数名が応募し、書類選考の結果で参加が決まることになっています。この大会に、本校の高校2年、笠川裕貴君と神戸直幸君のペアが出場することになりました。すでに多くの高校が常連校となっていて、初心者の浅野高校にとっては全くのチャレンジの場となります。それゆえ、大会当日に向けて、割り当てられた国の事情や政策を徹底的にリサーチしておかなくてはなりません。

先日は、本校の同窓会長である中村順一氏(元外交官で、かつ国連機関にお勤めであった)から、さまざまなアドバイスをいただける機会を得ました。笠川君と神戸君もあらかじめ幾つもの質問を用意しておいたため、中村氏との対話の時間は2時間近くにわたり、とても有意義な時間となりました。ここで学んだことを今後に活かして、大会本番では充実した活動をしてくれることを期待しています。Ca3f1032

 

 

文責: グローバル化推進委員会