ブログ 家庭科・テーブルマナー(その1・事前学習)

家庭科・テーブルマナー(その1・事前学習)

Posted on

Necktie_2


 高校一年生は、来週の金曜日に家庭科の実習として、東京のベイエリアにおいて「結婚披露宴に招待された」をテーマとしたテーブルマナーの講習と、防災関連の施設の見学を行う予定です。

 結婚披露宴に招待された場合には、招待状への返信に始まり、ご祝儀や服装、会場でのマナー、あいさつのしかたなど身につけておくとよいものがたくさんあります。そこで、本校では実際にテーブルマナー講習に行く前の家庭科の授業数回を用いて、それらのものを学習しています。

 その1つとして、今週は、返信の書き方とネクタイの結び方を体験しました。本学の制服は詰襟(つめえり)の学生服であるため、ネクタイを結んだことのある生徒はほとんどいません。家で保護者からネクタイを借りてきたり、体育祭で使ったハチマキをネクタイ替わりにしたりして、教室でネクタイの結び方のビデオを見ながら、ああでもない、こうでもないと互いに教え合いながら格闘していました。最終的にうまく結べた姿は普段の生徒達とは少し雰囲気も違い、大人っぽさを感じさせるものでした。また、ハチマキで練習していた生徒達は、布が柔らかすぎるのかうまく結べず、結果的にネクタイの作りや生地の大切さなども学習することができました。

Letter_3


 また、招待状への返信では「御」や「様」などの文字を消すなど基本的なことから説明をうけ、実際に参加の返信はがきを作成しました。  冠婚葬祭、パーティなど場面によって、慣習には違いがありますが、今回の体験を1つの糧として、日本の文化を理解した社会人に成長していってほしいと思っています。

(写真は、ネクタイを結ぶ様子と返信はがきのサンプルです)

 来週の実際の体験の様子も、また報告したいと思います。(文責・高一学年会)