ブログ 模擬国連を体験しよう 中3社会

模擬国連を体験しよう 中3社会

Posted on

 中学3年・社会科の授業で、生徒全員に模擬国連を体験してもらいました。

Img_0096

 模擬国連は国際連合の会議を模して行われるもので、生徒一人一人が各国大使の役割を担い、決められたトピック(議題)についてディベート(討議)をしていく活動です。会議の目的は、できるだけ多くの大使と協力して、時間内に解決策や行動指針などをまとめた決議案を作成することで、最後に採決が行われます。
 今回は、「難民問題の対策と解決」というトピックを提示し、45名(1クラス)の生徒を9つの国の大使に分けて、国ごとの立場や政策をリサーチすることから始めました。

Img_0083

 担当国はアメリカ合衆国やドイツなどの大国から、メキシコ・スーダン・シンガポールなどの中小国まで設定し、機械的に割り当てました。会場として図書館を使いましたので、書籍やタブレットの活用が可能となり、館内にある専門書や情報誌を取ってきたり、関連サイトを検索したりするなど、生徒は各国の事情をリサーチすることに熱心に励んでいました。

Img_0079

 この授業は3回シリーズで行います。初日は概要説明と各国のリサーチで終了し、次回同じ国の大使どうしでリサーチした内容を共有した後、いよいよいくつかの会議に分かれてディベートを開始します。会議がどんな展開になるか楽しみです。

Img_0088

文責: 中3社会担当