ブログ 模擬国連大会でベストPP賞受賞

模擬国連大会でベストPP賞受賞

Posted on

 先日、洗足学園で行われたジャパンメトロポリタン模擬国連大会(JMMUN)で、本校ディベート同好会の高校1年生2名(小塚君・齋藤君)がベスト・ポジションペーパー(PP)賞を受賞しました。

Img_0036


 PPは、大会前に割り当てられた国の情勢や政策について調べた内容をレポートにまとめたもので、リサーチする力とレポートとしてまとめる力が今回評価されました。

 この大会に本校から17名の中高生(中学3年の9名、高校1年の8名)が参加し、2日間にわたる模擬国連活動を体験してきました。2人1組で割り当てられた国の大使の役割を演じ、国連総会を模した会議で「Food Security」に関する議題を討議しました。

Fullsizerender


 開会に先立ち、駐日パキスタン大使の記念講演が行われ、パキスタンの国情に関する英語のスピーチに耳を傾けました。スピーチ後の質疑応答では、高校1年の劉君がパキスタン大使に鋭い質問を投げかけ、大使が感嘆する一幕もありました。

Img_0025


 会議が始まると参加者は皆、時に英語も駆使しながら討議を重ねていきます。本校の生徒の中からも、利害の一致する国々と決議案をまとめるべく、リーダーシップを発揮する者が出てきました。今回の議題にしては2日間はあまりに短いと感じたようで、大半の生徒が会議終了後も討議時間が足りないと口にしていましたが、参加した他校の生徒とのたくさんのつながりが出来たことは、彼らにとってかけがえのない機会となったようです。

 ディベート同好会では、そのディベート力を活かして模擬国連のような取り組みにも積極的に参加していきます。このような他校の生徒との知的な交流は、中高時代の貴重な財産となるはずです。

Img_0033


文責: ディベート同好会顧問