ブログ 教養講座を実施しました。

教養講座を実施しました。

Posted on

今回は、『音声を「科学」する』と題して、音声学という分野について学びました。この分野は言語学の中でも基本をなす分野であること、音を研究するということがどういうことなのか、また、音声学がどのように身近に貢献しているかを紹介しました。また、簡単な実験も行い、オシロスコープや声紋分析のソフトを使って音を実際に目で見ることにも挑戦しました。10人という非常にアットホームな講座でしたが、世界のさまざまな言語音や実際の会話などを聞かせると、もの珍しそうに聞いていましたし、説明も熱心に耳を傾けていました。

講座の最後にアンケートにも答えてもらいました。生徒の中には世界の言語を聞けてよかったという意見が多かったですが、英語の音声の講座を開講してほしいという生徒もいたました。生徒にとって外国語といえば「英語」だろうと思います。近いうちに英語の音声に特化した音声学の講座もやってみたいと思っています。

Image

Image_1