ブログ ディベート同好会・・・2つの模擬国連大会に参加

ディベート同好会・・・2つの模擬国連大会に参加

Posted on

 3月20日(日)に公文国際で行われた模擬国連大会(MUNK)に、ディベート同好会の高校1年生2名(矢吹君、宇佐美君)が参加しました。

 この大会は、会議の進行からスピーチはもちろん、非公式交渉まですべてが英語で実施されるもので、神奈川県内はもちろん、遠方からも英語に自信のある生徒が集まっていました。本校の出場は2度目でしたが、今回は事情により市川高校の2年生と大使を組むこととなりました。経験のある他校の生徒とアルメニア大使を協力して務めたことで、本校の2名の生徒にも自信となり、とてもよい刺激をうけることができました。

 

 また、3月25日(金)からの3日間で、環太平洋国際模擬国連大会(PRIMUN)(会場は洗足学園)が開かれ、本校のディベート同好会の生徒が15名(中学3年生8名、高校1年生7名)も参加することとなりました。

Img_01181

 この大会は日本で初めて海外からも高校生を集めて開催され、アメリカと台湾から数十人の生徒が参加していました。よって、この大会もすべて使用言語は英語となり、日本にいながらにして海外の大会に出ているかのような雰囲気が味わえる、またとない機会となりました。会議は初級者・上級者・最上級者に分かれ、本校は初級者の総会(GA)と、上級者の食糧農業機関(FAO)に参加し、とても内容の濃い会議を体験しました。

Img_00631

 3日目の閉会式では優秀賞などが発表され、本校の高校1年、劉浩然君が上級者会議のベスト・ポジションペーパー賞を受賞しました。初めて開催された国際大会で表彰されたことは、彼にとっても同好会にとっても大変喜ばしいことです。

Img_01031

 また、この大会でネイティヴの生徒に対して堂々とディベートを挑んだり、決議案の作成をリードしたりしていた他の大使(部員)も、惜しくも受賞には至りませんでしたが、健闘を讃えたいと思います。

 そして何よりも、海外の中学生や高校生と、知的な交流をつうじ交友を深められたことは、彼らにとって大きな財産となりました。

文責: ディベート同好会顧問