ブログ 江戸切絵図を使った歴史の授業

江戸切絵図を使った歴史の授業

Posted on

 中学3年の歴史の授業で、「江戸切絵図」を活用した校外研修の事前学習が行われました。

 中3は毎年、5月の連休明けに東京都心での班別自主行動が行われます。その訪問先の一つつを、「江戸切絵図」の中で指定された複数の候補地から選ぶという課題が、歴史の授業で出されます。

 「江戸切絵図」は、江戸の町、現在の山手線沿線あたりを範囲として、約30枚の絵図に分けて描かれたものです。それぞれの地域の大名屋敷や町人屋敷、寺社や田畑などが色分けされて描かれていて、見た目にとても美しく、かつ分かりやすい地図となっています。

Img_0121

 授業では、それらの絵図に何ヵ所かマークをつけて、各班にそのマークの位置を選んでもらう作業を行いました。マークは、ほとんどが現在何かしら有名な観光スポットないしは公共施設、史跡などがある場所に付しています。

絵図を読み解くことで江戸時代のようすを想像し、また、実際に訪れることでその場所がどのような変貌を遂げたかを直に見て、今と昔を比較考察するというのがねらいです。その準備のための今回の授業は、絵図やその土地についてほとんど予備知識のない生徒たちに、書籍やタブレットを手掛かりに調べてもらうため、図書館が会場となりました。

Img_0119

このように授業や学校行事とも連携しながら、図書館がますます活用されていく機会を提供したいと思います。

文責: 図書館運営委員会、中学3年社会科担当