ブログ 高三 主権者教育 出前講座

高三 主権者教育 出前講座

Posted on

5月16日(月)、講堂にて高校三年生を対象に、神奈川区選挙管理委員会から講師の方をお招きして「浅野高等学校出前講座」を実施しました。

Img_0293


今夏に予定されている参院選から選挙年齢が18歳に引き下げられるため、差し迫る選挙に対する注意すべき点や「選挙違反」について、講義していただきました。

世代別投票率はどうなっているのか?政治活動と選挙運動のちがいとは?インターネットを利用した選挙運動は何がOKで何がダメなのか?かなり踏み込んだお話をうかがうことができました。
(自称ベテラン?)有権者たる筆者にも新たな気づきのある、有意義な時間となりました。

講義の最終パートは、ありがちな具体例をいくつか挙げ、それらが公職選挙法に抵触しない「○」か抵触する「×」かを演習問題の形式で解く、というものでした。周囲と相談しながら考える姿が見受けられました。


実は、今回の講義は「18歳をむかえた浅野生は投票に(当然)行く」という前提に立って、選管の方々にオーダーさせてもらいました。

「若者=政治的無関心」この決めつけを打破していく、その小さいけれど確かな因子として浅野生の投票行動を期待したいと思います。


最後に、有名な法格言をひとつ紹介します。
―「権利の上に眠る者は保護に値せず」


<文責 : 社会科担当教員>