ブログ 防災訓練・方面別集会の実施

防災訓練・方面別集会の実施

Posted on

6月21日(月)の5,6限を使って、防災訓練と方面別集会を行いました。
5限に実施された防災訓練では、震度5強の地震が発生したという想定で、各HR教室からの経路を確認しながら避難訓練を行いました(今年度はグラウンドが人工芝化の工事で使えなかったため、打越アリーナへの避難となりました)。
中学1年生は「煙体験」を実施し、姿勢を低くしながら煙の中を進む体験もしました。視界の悪さや息苦しさに苦労しながらも、真剣に取り組んでいました。

Photo_4


また、アリーナに集合した後には神奈川消防署浦島出張所の方より防災訓練の講評をいただきました。「万が一災害が発生した時にはどのように行動すればよいか」ということを事前にイメージし、「心の準備」をしておくことが必要だという指導をいただきました。
加えて、神奈川区役所総務課の方より「自助・共助による防災・減災」というテーマでお話をいただきました。自分で身を守ること(家庭での家具転倒防止などの安全対策)や、近隣の方々と助け合うことの大切さを教えていただきました。さらに、家族との連絡方法や家の備蓄など、「できることから今すぐに取り組もう」とご指導いただきました。

Photo_5



6限の方面別集会では、それぞれ登下校で使う路線が同じ者同士で集まり、メンバーを確認し合いました。学校にいる間に災害が発生した場合、ともに行動することになるメンバーとして、ここでも助け合うことの大切さを確認しました。
 熊本や北海道でも地震が相次ぎ、関東地方も危機感を持ってしっかりと災害に備える必要があります。生徒の安全を守るため、教職員一同、一層努力してまいりたいと思います。

文責:総務部防災担当