ブログ 2017年1月アーカイブ

平成29年度 第5回関東高等学校ボクシング選抜大会結果報告

Posted on

1月27日(金)28日(土)29日(日)の3日間にわたって、関東高等学校ボクシング選抜大会が行われ、浅野学園ボクシング部から高二の田島義基(フライ級B)、高一の星野拓己(バンタム級A)、松村和弥(ライトウェルター級)、金古悠希(ウェルター級A)の4名の選手が神奈川県代表として出場しました。なお、今大会の出場権を勝ち取っていた、高二の倉地澄人(ライト級A)はインフルエンザのため、残念ながら欠場しました。

試合結果と寸評

1/27(金)

フライ級B  1回戦

田島義基(高二) VS 木下智貴選手(栃木 作新) 2対1のポイント負け

お互いなかなか明確な有効打が奪えない展開になってしまった。田島がいいヒットを奪う場面があったが、田島も相手のパンチを不用意にもらってしまう場面もあった。セコンドとしては田島の距離で試合が展開しており、田島が試合を支配していると思っていたが、ジャッジは相手選手の積極性を評価した。結果は負けになったが、アウトボクシングの動きはここのところぐんとよくなった。特に3ラウンド目はよく動けていたと思う。中間距離での手数とパンチの強さで明確にジャッジにアピールするような部分をこれから課題にして練習に励んでいこう。

バンタム級A 1回戦

星野拓己(高一) VS 立石柊太選手(群馬 高崎工業) 2対1のポイント負け

以前は試合では緊張してかたくなってしまうこともあったが、克服したと思う。序盤から相手の動きを見て、よく対応し、ヒットを奪った。特にフックはこのところの練習の成果が出て、いいタイミングで強く打てており、成長が見られた。ただ、3ラウンド目中盤以降、スタミナが切れて、動きが悪くなり、ポイントを奪われた。結果は負けになったが、確実に成長は見られた。ただ、ずるずると後ろに下がるなど、印象の悪い場面もあった。今後は誰が見ても明確に優位がわかるような試合ができるように、課題を持って練習に励んでほしい。

ライトウェルター級A 1回戦

松村和弥(高一) VS 佐藤奨選手(栃木 作新)TKO負け1R51秒

序盤から相手は積極的に前に出て攻めてきた。これに対してきちんと対処して距離を保ちたかったが、相手の猛攻に距離が保てず、立て続けにダウンを奪われてしまった。自分の力が出せず、不本意な負けだったと思う。ただ、普段の練習でも、横に回ったり、後ろにさがった時やパンチを打ったあとの姿勢が悪く、続けてパンチが出せる態勢になっていない。このあたりの弱点が露呈したということだと思う。また、相手の猛攻に腰も引けていた。今回の悔しさを糧に次につなげてほしい。

ウェルター級A 1回戦

金古悠希(高一) VS 関根朋也選手(群馬 高崎工業) 2対1のポイント負け

まだ実戦経験の少ない金古だが、A代表の選手相手に立派に渡り合った。3ラウンドの間しっかり動いて、手を出し続けた。判定は相手選手にあがったが、ポイント的にはドローの僅差判定だった。このところの練習の成果が出たと思う。この調子で今後も練習に励んでいこう。

残念ながら、初戦で全員敗退しました。 この悔しさをばねに、県外で勝ちあがれるように練習に励んでいきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

また、お世話になった皆様ありがとうございました。

(文責 顧問)

投稿日時: 2017年1月31日 11:45 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

柔道部:神奈川県大会・個人戦ベスト16

Posted on

 1月28日(土)、神奈川県大会に出場した中学2年の大村蒼くんが、個人戦の66kg級で勝ち上がり、ベスト16に入りました。これからも、文武両道で頑張ってほしいと思います。

(文責:柔道部顧問)

投稿日時: 2017年1月31日 07:20 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

模擬国連練習会を開催しました。

Posted on

昨日、本校の講堂を会場に、ディベート部が模擬国連の練習会を開催しました。

Img_1332

この会議は、浅野学園ディベート部の宗武陸君(高1)を中心に、豊島岡女子高校・逗子開成高校との共催で、昨年末から準備を進めてきたものです。

 

企画・運営にあたるフロントとスタッフを、宗武君はじめ3校の代表と有志が務め、彼らの知り合いのいる学校に呼びかけて、大使として参加してもらって会議を行いました。

 

参加校は、3校に加え、海城、かえつ有明、県立横浜国際、実践女子学園、渋谷教育学園幕張、桐光学園、都立国際、横浜女学院の各校です。

 

Img_1329

議題は「児童労働」で、おもに初心者を対象に模擬国連会議を体験してもらおうという主旨で開催しましたが、どの大使も丹念に各国の事情をリサーチしてきてくれましたので、大変活発な議論が交わされていました。

 

3月には渋谷教育学園渋谷中学・高校との共催で、本校を会場に大規模な練習会を予定しています。

 

グローバルな課題を、さまざまな学校の中高生が一堂に会して真剣に議論するのは、とても素晴らしい体験となるはずです。

 

文責: ディベート部顧問

投稿日時: 2017年1月30日 10:23 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

ラグビー部 横浜地区大会二年生の部優勝!

Posted on

平成28年度横浜地区高等学校ラグビーフットボール7人制大会結果

 標記大会が1月22日、29日にかけて行われ、本校は「1年生の部」、「2年生の部」(※1年生の出場も可能)それぞれにエントリーしました。Image1_1

浅野の選手たちは相手をよく研究し、1試合ごとにセブンの戦い方を向上させてくれました。また、体が小さな選手が多いチームでも個人個人の持ち味を生かし、お互いにカバーし合うことで得られることを再確認できたと思います。保護者の方々の大きな声援、本当にありがとうございました。 (顧問より) 

(写真は最終試合後のため暗くてすみません)

 まず29日に行われた「1年生の部」については、これまで試合経験が少なかったメンバーを中心にする予定だったのですが、けが人が続出したことで、2年生の部に出るメンバーも積極的に起用するなどかなり苦しい編成となり、直前もあまり練習が出来ずに試合に臨むことになってしまいました。

そのため、初戦の対山手学院A戦では実戦経験が少ないせいか、相手の迫力あるプレーに気圧されてしまい5-31で敗れてしまったものの、そこで場馴れしたこともありその後の対横浜創学館、横浜栄においてはそれぞれ53-7、33-14という結果を出し、予選リーグ2位で突破することが出来ました。

この勢いで上位トーナメントも勝ち進みたかったところですが、他校と違い部員数が少なく、選手交代ができない本校は疲労から次第に運動量が減り始め、SHに入った今井やWTB小柳が要所で距離を稼ぐランを見せるも、結局山手学院B、川和高校に対してそれぞれ19-31、14-28で負け、全体4位で終えました。

 次に22日に予選、29日に本戦が行われた「2年生の部」です。予選が行われた22日には、その前日の練習に主将のSO古屋が風邪で参加できなかったという不安な状況でしたが、同じく2年のWTB中澤が個人技でトライを量産し、合同チーム(田奈高・川和高・関東学院)、山手学院、希望ヶ丘高校をそれぞれ27-14、21-14、19-12で下し、予選を1位で通過しました。

一方、29日の本戦については、主力選手が怪我や必須の模擬試験により決勝戦にしか出場できず、さらに1年生は事前の「1年生の部」での試合をこなして疲労がたまっているという悪条件で臨まざるを得ませんでした。

 初戦の柏陽高校戦は途中ゴール前に釘付けにされる時間もあるなど劣勢な時間が長かったですが、出場した唯一の2年生である古屋が体を張って止め続けたことで大崩れせず、14-17で残り一分を切ったところでHO三宅(1年)が力で相手を振り切る豪快なランで逆転トライを挙げ、19-14で勝利を収めました。

次いで決勝戦、相手の桐蔭中等は予選から一貫して大差で勝利を収めており、観客からも「桐蔭中等有利」の声が多く聞こえたのですが、開始1分に、中澤からパスを受けた三宅が相手を弾き飛ばして先制トライを挙げたのをきっかけに、攻めては中澤が縦横無尽に走り回り、守っては古屋を先頭に全員で激しく前に出て相手のミスを誘発し、結果として33?5とベストゲームで完勝し、優勝することが出来ました。

浅野高校ラグビー部が目標としている高校三年生の関東大会までは残り2か月強しかないのですが、本大会で優勝したことは浅野の攻撃力は県内でも十分通用するということの証左になったかと思いますので、自信を持って練習に臨んでいってもらいたいです。(以上 平成15年卒 伊藤コーチの戦評です)

 今後ともご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。【文責 顧問】

 

投稿日時: 2017年1月30日 10:23 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

来年度の海外研修募集説明会

Posted on

本日(1月28日)、来年度の海外研修の募集説明会が開催されました。

Img_1328

 

4年目をむかえるスタンフォード大学でのユースリーダーシップ・プログラムと、昨年からスタートしたオックスフォード大学でのリベラルアーツ・プログラムの説明会です。

 

それぞれの研修を主催する会社の担当者から説明があった後、昨年参加した高校生数名によるプレゼンで、かなり有意義な研修であったことが報告されました。

 

年々関心も高まり、募集定員を超えた場合に、選考がどうなるのかという質問が多く寄せられました。

Img_1327

 

募集期間は、2月10日(金)までとなっています。

また、申し込み多数の場合は、試験による選考が行われます。

本日、出席できなかったご家庭で、参加を検討されている方は、早めに学内の担当教諭までお声かけください。

文責: グローバル化推進委員会

投稿日時: 2017年1月28日 17:20 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

出願者数のご報告

Posted on

平成29年度入試の出願者数は1,699名となり、出願を終了しました。

投稿日時: 2017年1月26日 14:00 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

1月25日14時時点での出願者数

Posted on

平成29年度入試の出願者数は1月25日14時現在で1654名となりました。

受験料のお支払いを持ちまして出願手続の完了となります。コンビニや ATM で長蛇の列ができている、決済番号の控えを家に忘れる、紛失する等不測の事態に備え、くれぐれもお早めに手続をお済ませいただきますようお願い申し上げます。

出願は明日の14時までとなっておりますので、お間違えのないようお願い申し上げます。

出願サイトはこちら

出願の仕方はこちら(18ページ以降)

受験生ならびに保護者の皆様へ

投稿日時: 2017年1月25日 14:01 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

高校一年 家庭科集中講義

Posted on

1月18日(水)5限、6限に、家庭科集中講義を行いました。
内容は、朽津広達氏(本校OB、生命保険会社勤務)による「高校生のための『ライフプランニング授業』」でした。
講演の内容は大変分かりやすく、生徒諸君は有意義な時間を過ごすことができました。

(文責:高一学年会)

Dsc_0032

投稿日時: 2017年1月24日 11:39 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

生徒会役員選挙

Posted on

1月23日(月)、生徒会役員選挙がおこなわれました。

1限に打越アリーナにて立会演説会があり、候補者は1名あたり3分以内の演説をおこないました。

2限から4限にかけて、クラスごとに投票所へ移動し、選挙管理委員会が立ち合うなか、各自が投票しました。

P1010962

P1010961

投稿日時: 2017年1月23日 19:19 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

「この人を見よ?Ecce Homo?」第2弾、フランスの思想家フーコーの登場です。

Posted on

今回とりあげるのは、ミシェル・フーコーです。

『監獄の誕生』・『狂気の歴史』などの代表作にはじまり、近代の「権力」がいかに作用するか、近代の「知」が正常と異常をどう区別してきたかなどを探求し続けた20世紀の知の巨人。彼を知り、彼の著作を読み解くことで、私たちが当たり前と思い込んできた世界観がくつがえり、絶対的な信頼を寄せてきた近代的な思考様式に転換が迫られます。

とはいえ、すでに近代的な価値観が単純には通用しなくなった現在、フーコーの思想は、当初のような驚きや刺激を失ってしまったのかもしれません。

それでも、世界の政治が特定の指導者によって左右されようとする中で、「権力」とは何かを問い続ける必要はあるのではないかと考えます。

中高生の皆さんが、これからの世界の行く末を想像するためにも、一度、フーコーの著作をひもといてみてください。図書館がそのお手伝いをします。

文責:図書館運営委員会

投稿日時: 2017年1月23日 19:14 | カテゴリ: 図書館からのお知らせ |