ブログ ラグビー部 横浜地区大会二年生の部優勝!

ラグビー部 横浜地区大会二年生の部優勝!

Posted on

平成28年度横浜地区高等学校ラグビーフットボール7人制大会結果

 標記大会が1月22日、29日にかけて行われ、本校は「1年生の部」、「2年生の部」(※1年生の出場も可能)それぞれにエントリーしました。Image1_1

浅野の選手たちは相手をよく研究し、1試合ごとにセブンの戦い方を向上させてくれました。また、体が小さな選手が多いチームでも個人個人の持ち味を生かし、お互いにカバーし合うことで得られることを再確認できたと思います。保護者の方々の大きな声援、本当にありがとうございました。 (顧問より) 

(写真は最終試合後のため暗くてすみません)

 まず29日に行われた「1年生の部」については、これまで試合経験が少なかったメンバーを中心にする予定だったのですが、けが人が続出したことで、2年生の部に出るメンバーも積極的に起用するなどかなり苦しい編成となり、直前もあまり練習が出来ずに試合に臨むことになってしまいました。

そのため、初戦の対山手学院A戦では実戦経験が少ないせいか、相手の迫力あるプレーに気圧されてしまい5-31で敗れてしまったものの、そこで場馴れしたこともありその後の対横浜創学館、横浜栄においてはそれぞれ53-7、33-14という結果を出し、予選リーグ2位で突破することが出来ました。

この勢いで上位トーナメントも勝ち進みたかったところですが、他校と違い部員数が少なく、選手交代ができない本校は疲労から次第に運動量が減り始め、SHに入った今井やWTB小柳が要所で距離を稼ぐランを見せるも、結局山手学院B、川和高校に対してそれぞれ19-31、14-28で負け、全体4位で終えました。

 次に22日に予選、29日に本戦が行われた「2年生の部」です。予選が行われた22日には、その前日の練習に主将のSO古屋が風邪で参加できなかったという不安な状況でしたが、同じく2年のWTB中澤が個人技でトライを量産し、合同チーム(田奈高・川和高・関東学院)、山手学院、希望ヶ丘高校をそれぞれ27-14、21-14、19-12で下し、予選を1位で通過しました。

一方、29日の本戦については、主力選手が怪我や必須の模擬試験により決勝戦にしか出場できず、さらに1年生は事前の「1年生の部」での試合をこなして疲労がたまっているという悪条件で臨まざるを得ませんでした。

 初戦の柏陽高校戦は途中ゴール前に釘付けにされる時間もあるなど劣勢な時間が長かったですが、出場した唯一の2年生である古屋が体を張って止め続けたことで大崩れせず、14-17で残り一分を切ったところでHO三宅(1年)が力で相手を振り切る豪快なランで逆転トライを挙げ、19-14で勝利を収めました。

次いで決勝戦、相手の桐蔭中等は予選から一貫して大差で勝利を収めており、観客からも「桐蔭中等有利」の声が多く聞こえたのですが、開始1分に、中澤からパスを受けた三宅が相手を弾き飛ばして先制トライを挙げたのをきっかけに、攻めては中澤が縦横無尽に走り回り、守っては古屋を先頭に全員で激しく前に出て相手のミスを誘発し、結果として33?5とベストゲームで完勝し、優勝することが出来ました。

浅野高校ラグビー部が目標としている高校三年生の関東大会までは残り2か月強しかないのですが、本大会で優勝したことは浅野の攻撃力は県内でも十分通用するということの証左になったかと思いますので、自信を持って練習に臨んでいってもらいたいです。(以上 平成15年卒 伊藤コーチの戦評です)

 今後ともご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。【文責 顧問】