ブログ 横浜地区高等学校テニストーナメント

横浜地区高等学校テニストーナメント

Posted on

image1.JPGimage4.JPG

4月2日、金沢高校にて横浜地区高等学校テニストーナメントが行われ、

新高三の今井・藤澤、新高二の檜谷・大竹・前田・横山・安藤・鈴木が出場しました。

新高三にとっての引退試合、強い気持ちで臨みました。

2回戦の相手は金沢総合、格下ではあったものの、檜谷のシングルス、前田安藤のダブルス以外は接戦でしたが、

勝負所をしっかり押さえ、5勝0敗で勝利しました。

3回戦は第1シードの慶應義塾。

前田大竹のダブルスで完勝し勢いづきましたが、藤澤横山のダブルス、今井と鈴木のシングルスが力及ばず敗れ、1勝3敗で3回戦敗退となりました。

これで新高三は5年間の現役生活を終えました。

上と下の代が強いこともあって、なかなか活躍の機会に恵まれかった代ですが、

その中でもキャプテンの今井、マネージャーの藤澤を中心に最後までよく頑張りました。

昨年度の「横浜1部リーグ5位」は歴代最高の成績で、大きな足跡を残してくれたことに、敬意を表したいと思います。

5年間本当にお疲れさまでした。がんばれ受験生!(文責 顧問)