ブログ ディベート部 模擬国連大会で優秀賞 NYでの国際大会出場決定!

ディベート部 模擬国連大会で優秀賞 NYでの国際大会出場決定!

Posted on

11回全日本高校模擬国連大会で、本校ディベート部の水口幸生君(高2)・高田陽一郎君(高1)が、スロバキア大使として優秀賞を受賞しました。(11月11 から12日、国連大学にて)

IMG_3188.JPG

この結果、来年ニューヨークで開催される模擬国連国際大会に出場することが決定しました。

ディベート部としては、2年連続の快挙となります。

模擬国連は、国連の会議を模して、生徒が各国大使の役割を担い、国際的な諸問題について解決策を話し合うという教育プログラムです。

IMG_3174.JPG

今回の議題は「ジェンダー平等」で、男子校の二人には正直取り組みにくい内容でした。しかし、議題や担当国に関する綿密なリサーチと、昨年NY大会に出場した小塚君・宗武君のサポートもあって、会議当日までに十分な準備を整えることができました。

また、同窓会長で外務省出身の中村順一さんからは、今回も貴重なアドバイスをいただきました。

さて、会議が始まると、ジェンダー平等を推進する同じ立場の他国の大使を集めて、そのグループのリーダーになれるかと期待しましたが、なかなかうまくいきません。

そこで、2日目は戦略を変えて、リーダーになるより、根回しと交渉に徹する2番手の役割を担うことにしました。初参加の大使や、態度を決めかねている大使を相手に、丁寧に相手の主張を聴きながら、こちらのスタンスとすり合わせていくことを心がけます。

その結果、グループとして解決策を出すことはできませんでしたが、粘り強い交渉と、国益を損なわず、会議全体でのコンセンサスにこだわる姿勢を貫いたことで、優秀賞受賞の栄誉に輝きました。

IMG_3178.JPGIMG_3166.JPG

英語しか通じないニューヨークの大会では、彼らの粘り強い交渉力がどれほど発揮されるでしょうか。今から楽しみです。

文責: ディベート部顧問