ブログ 国家公務員の卒業生による講演会

国家公務員の卒業生による講演会

Posted on

内閣人事局による「国家公務員 出身高校派遣事業」として、本校卒業生の堀口貞満氏(防衛省)の講演会を開催しました。

IMG_3266.JPG

高校一年生を対象に、ご自身の経歴から、日本の防衛政策、国家公務員の採用まで、多岐にわたるお話をお伺いすることができました。

とりわけ、社会で活躍するOBから参加者に向けられたアドバイスのなかで、以下のものはこれからの高校生活だけでなく、将来社会に出てからも必要な心掛けとしてとても重く響いたようです。
・「考える力とそのためのツール」を身につけるために勉強しておくこと
・現状に妥協せず自分に言い訳をしないこと

後半は、参加した生徒の質問に一つ一つ丁寧にお答えいただきました。
現在担当されている大臣官房秘書課で、人事採用時に配慮していることや、国家公務員としての心構えなど、ストレートに回答していただき、大変参考になりました。

以下、生徒の事後アンケートのコメントです。


●周囲に国家公務員がいないので、国家公務員の仕事や採用について知ることができたのは、非常に有意義であった。

●普通であれば全くする知ることのできない防衛省のしくみについて、多くのことを知ることができた。

●「何事を行うにも何か目的をもって動く」や「物事を円滑に進めるには相手を知り、仲間を頼る」という言葉が印象に残った。

●国会での一つ一つの問答に対して、それほど手間と時間がかかっているのかと驚かされた。

●防衛省の仕事でも英語の資料を読んだり、書いたりしていることで、ますます英語の

必要性がわかり、学習のモチベーションがあがった。

●他人と協力するには、普段から会話や読書をたくさんすべきだと思った。

文責: 高校一年学年会

IMG_3268.JPG