ブログ 中2グローバル研修 Basic Communication Program

中2グローバル研修 Basic Communication Program

Posted on

3月22日(木)から24日(土)の3日間で行われた本研修は,コミュニケーションスキルの向上を最大の目的としており,英語を学ぶのではなく「使う」訓練を徹底します。


研修は1コマ50分で1日6コマ,延べ18コマの構成ですが,毎時間担当するネイティヴ講師が入れ替わるため,生徒は計18名のネイティヴ講師と英語でコミュニケーションをすることになります。


一般的な中学生にとって,初対面の外国人と英語でコミュニケーションをとること自体ハードルが高いので,3日間で延べ18名と接するのはなかなかできない貴重な経験です。


強制ではなく希望制の研修でしたが,事前の想定を大きく超える218名が参加したことからも,関心の高さが伺えます(在籍数の約80%)。


英語力の向上を狙った研修ではないため,研修で使う英語の水準は高くはありません。自己紹介や浅野中学での日常を説明するなどごくごく簡単な内容をテーマとし,英語を「使う」ことに慣れてもらいます。


頭の中で時間をかけて整理し,綺麗な英文を作ることも(場面によっては)大切ですが,多様な人々との対話が重視されるグローバル社会においては,問いに対して「即興」で答えることが肝心です。テーマを簡単に設定しているのは,このような理由によるものです。


普段は英語に対してのハードルが高い生徒も,積極的にかつ楽しんで取り組めているようでした。


「九転十起」
本校の校訓の一つであるこの言葉のごとく,生徒たちは3日間で目には見えない,何か得るものがあったことでしょう。

これからも現状に満足して楽を選ぶことをせず,常に高い向上心を持って自分自身を高めるような生活をして欲しいと思います。

_20180324_215349.JPG_20180324_215428.JPG
(グローバル化推進委員会 工藤)