ブログ 【棋道部(将棋班) 文部科学大臣杯神奈川県大会でAチーム優勝、Bチーム4位】

【棋道部(将棋班) 文部科学大臣杯神奈川県大会でAチーム優勝、Bチーム4位】

Posted on

24日(日)に横浜市で開催された第14回文部科学大臣杯小中学校将棋団体戦神奈川県予選にて、浅野中A(森岡/中3、 的場/中2、片山/中3)が優勝し、2年ぶり7回目の東日本大会出場権を獲得。浅野中B(古 田/中2、飯島/中2、中林/中2) が4位の好成績を収めました。また、的場、片山は全勝賞を獲得しました。

image1.jpeg

Aチームは2回戦で寺尾中Aと対戦。3人とも序盤から苦しい展開となりましたが、まず片山が安定の終盤力を発揮して1勝。森岡は、持ち時間をフルに使った頑強な粘りをみせて隣で苦戦する的場に勇気を送り、的場は、相手がほぼ無傷の金銀5枚の穴熊囲い、持ち時間もわずかという絶望的な状況で、40手近くの長手数の詰みを驚異的な集中力で実現し、奇跡の大逆転勝利。会場を大いに沸かせました。その後も安定した内容で勝ち続け、チームとして5戦全勝で優勝を勝ち取りました。


image2.jpeg
Bチームは、南高校付属中、栄光学園中、もえぎ野中という強豪相手に苦戦を強いられましたが、大将の古田を筆頭に、新鋭の飯島、中林の3人は臆することなく、最後まであきらめずに奮戦しました。残念ながら敗北してしまいましたが、初出場で見事4位。今後の活躍に期待が高まります。

image1.jpeg
緊張感がみなぎる一日でしたが、日頃から熱心に指導してくれた高校生や大学生のOBが 応援に駆けつけてくれ、リラックスして勝負に臨むことができたことが勝因だったと思います。これからもチームワークを大切に、県代表とし て、より一層練習に励みます。

【文責:棋道部顧問】