ブログ ニューヨークの模擬国連国際大会にむけて

ニューヨークの模擬国連国際大会にむけて

Posted on
来月5月にニューヨークで開催される模擬国連国際大会に、本校ディベート部の高校生2名(高1の成相悠喬君、持松進之介君)が日本代表として参加します。
その準備にあたり担当国の政策発表会(Infomation Session)が東京・市ヶ谷の「JICA地球ひろば」で開かれました。
IMG_5695 (1).JPG
同じく代表として参加する全国の高校生16名が、各テーマのリサーチ状況を順番に英語でプレゼンテーションしていきます。
本校生徒の参加する会議は国際通貨基金(IMF)で、テーマは「仮想通貨」です。
実際の国連や国際機関でもようやく議論されるようになった新規の課題ですから、リサーチが難しいテーマです。
今回、日本代表が担当するのはデンマーク大使です。
8校すべてがデンマーク大使を割り振られ、世界貿易機関(WTO)や国際農業開発基金(IFAD)など8つの議場に入ります。そこでは米国はじめ世界中からニューヨークに集まった高校生と、2日間、朝から夕までディスカッションやネゴシエーションが繰り広げられます。
今回の発表会では、どの学校もアドバイザーとして参加した外務省や国際機関の方々から質問やアドバイスをいただきました。彼らにとって渡航前のさらなるリサーチを深める機会となったようですIMG_5697.JPG
こうしたアドバイスを活かして、きっと彼らは世界中の高校生と国際問題に関する熱い議論を交わしてくることでしょう。現地での活躍が楽しみです。
文責: ディベート部顧問