ブログ 中2林間学校 最終日

中2林間学校 最終日

Posted on

出発前には「志賀高原の夏と冬」と題して講話がありました。1月のスキー教室でもホテル一の瀬に宿泊する予定なので、生徒諸君は夏と冬の志賀高原を体験することになります。

ホテルの西澤さんからは、志賀高原の魅力と、今回の登山・ハイキングコースとゲレンデコースの相関関係のおさらいをしていただきました。

スキー教室で毎年お世話になっている菅谷(すがや)校長からは、中1と中2の目標設定(コース・スキル)の意義や、スキーの奥深い魅力を語ってくださいました。

1スキー教室の平均斜度は15度でしたが、中2では平均22度にアップし、コースも長くダイナミックで標高差も700mになるとのこと。 

以下印象に残った言葉です。「皆さんは立派なスキーヤーになれます!」「上級スキーヤーの憧れである奥志賀のコースも楽しめるようになります」「困難なコースになりますが、本気で真面目に取り組むことで何かを得ることができます。それは以後の人生で皆さんの力になってくれるものなのです!」 

講話の後は冬の再会を約束し、帰路につきました。

今回の林間学校も多くの方々のお力添えで無事に終えることができました。この場をお借りして御礼申し上げます。生徒諸君にとっては仲間と過ごした4日間は生涯の宝物となったことでしょう。今後の学校生活をより充実させていくことで、感謝の気持ちを表してきましょう。

途中で事故渋滞があり、到着予定時刻より遅くなりましたが、17:50に無事到着し解散しました。

WIN_20190804_08_38_34_Pro.jpgWIN_20190804_08_43_25_Pro.jpg