ブログ 2019年10月アーカイブ

【重要】第6回 学校説明会 延期のお知らせ

Posted on

【参加を申し込まれた皆様】

延期日程である11月9日(土)の出欠が未回答の方は、22日までに回答を送信いただきますようお願いします。

なお、22日の段階で空席が生じた場合は、本サイトにて追加受付のご案内を予定しております。

(以上 10/16 12:00 追記)

2019年10月12日(土)開催予定の学校説明会ですが、

台風19号の接近の予報があり、

参加をされる方々の安全と交通機関への影響を考慮致しました結果

やむなく延期とさせて頂きます。


なお、延期の日程は、

11月9日(土)13:00開場、13:30DVD上映開始、14:00開会とさせていただきます。


すでにお申し込みいただいてる方には、申込時にご登録いただきましたメールアドレスへ、

延期日程の出欠席について、メールを送信させていただきました。

申し訳ございませんが、10月22日までにご回答頂きますよう、ご協力をお願い致します。

ご予定されていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

浅野中学校校長 前田 渉

投稿日時: 2019年10月 9日 17:42 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

令和元年度第74回国民体育大会ボクシング競技会結果報告

Posted on

IMG_3025.JPG

10/3(木)から10/7(月)にわたって、令和元年度令和元年度第74回国民体育大会ボクシング競技会が茨城県水戸桜ノ牧高等学校常北校体育館にて開催され、本校ボクシング部から竹ノ内尊行(高三 ミドル級)が神奈川県少年チームの一員として出場しました。

試合結果と寸評

10/5(土)ミドル級 準々決勝

竹ノ内尊行(高三)VS 天井澤一志選手(新潟) 4対1のポイント勝ち

いよいよ負ければ引退となる最後の大会を迎えた。竹ノ内は序盤から積極的にジャブを出しながら攻め、優位に試合を進めた、1ラウンド目は中間距離から近距離の攻防もよく相手のパンチを見て攻撃を繰り出して、優位に立った。ただ、2ラウンド目の中盤から、相手とくっつきすぎて、自分の持ち味の出せる距離で試合をできなかった。自分の得意距離で試合をやりきってほしかった。1、2ラウンド目は竹ノ内のポイントだったが、3ラウンド目は相手に取られていた。ただ、序盤に調子の出ない悪癖が顔を出さなくなったのはさすが。安定して試合に入れるようになってきた。


10/6(日)

ミドル級 準決勝

竹ノ内尊行(高三)VS 松野晃汰選手(宮崎) RSC負け 1R0分57秒

竹ノ内は開始早々、ジャブをついてからのワンツーをよいタイミングでヒットさせ、この調子で試合を進めたかったが、相手も前に出て積極的に攻撃を仕掛けてきた。相手の圧に対して竹ノ内は真っ向から勝負を挑む。が、打ち合いの中でよいヒットをもらい、RSC負けを喫した。竹ノ内もよいパンチをヒットさせていたが、相手に上をいかれた。ただリーチもありキレのあるパンチを持つ相手の連打にひるむことなく真っ向から立ち向かった上での敗北に、試合後本人も負けて悔いなしと語った。これで現役引退となる試合だったが、納得のいく試合で締めくくれたのではないかと思う。

総評

竹ノ内は国体でミドル級3位入賞という結果をおさめました。
国体3位入賞は本校ボクシング部初(国体本戦出場も初です)、全国大会での3位入賞も、一昨年度に全国選抜大会で金古が3位入賞して以来、本校ボクシング部としては2度目となる好成績でした。
また、高校三年生で受験を控えていながら、10月の国体まで勉強と部活を両立して現役を続行したのも竹ノ内が初めてでした。ここまで現役続行しながら、勉強にも必死に取り組んできました。本当に「文武」ともによくやってきたと思います。
本校ボクシング部の歴史を新たに築いてくれました。
これからは勉強一本、第1志望目指し、ボクシングで見せてきた集中力を発揮してがんばってほしいと思います。
また、今大会で神奈川県チームは7位入賞を果たしました。少年成年チームともにチームワークよく戦ってきた成果だと思います。本当によいチームでした。また、この一員に名を連ねることができたことは本当によい経験だったと思います。
竹ノ内、本当にお疲れさまでした。

いよいよこれから秋には高校新人戦やUJ予選など上につながる大会が続きます。
関東、全国大会での上位入賞目指して部員一同より一層精進してまいりたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。

(文責 顧問)

投稿日時: 2019年10月 9日 09:32 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

台風19号接近に伴う対応について

Posted on

10月12日(土)に第6回学校説明会を予定しておりますが、台風接近の予報が出ております。

台風の進み方に応じてフェイスブック及び公式HPのブログに随時お知らせを掲載する予定です。
 
また、第6回説明会にお申し込みいただいた方へは、お申し込み時に入力いただいたメールアドレス宛にも送信いたします。

投稿日時: 2019年10月 8日 19:47 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

高一 家庭科実習

Posted on

10月4日(金)、高一学年は家庭科実習でテーブルマナーの学習と防災体験をしてきました。

テーブルマナーではおいしい料理をいただきながら、フォークやナイフの使い方などを教えていただきました。

image1.jpegimage2.jpeg

また、防災体験では『そなエリア東京』という防災学習施設で、首都直下型地震等の危険性を学びながら様々な体験をしてきました。

image3.jpeg

日頃の学習とは違い、生徒も積極的に学んでくれていました。

投稿日時: 2019年10月 8日 10:05 | カテゴリ: 各学年からのお知らせ |

高2中山君が Japan Timesで紹介されました。

Posted on
前回紹介した読売新聞主催の中学受験サポートセミナー「FAOの役割と食料ロス」が英字新聞の記事となりました。
本校ディベート部の中山君の質問も紹介されています。
2019.10.3 FAOとフードロス 読売新聞記事-page1-1.jpg
2019.10.3 FAOとフードロス 読売新聞記事-page2-1.jpg

投稿日時: 2019年10月 8日 09:38 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

国連食糧農業機関(FAO)のセミナーで食品ロスについて考える

Posted on

10月3日(木)、読売新聞社主催の中学受験サポートセミナーに、ディベート部の高校生が参加してきました。

IMG_6435.JPG

第15回目のセミナーは、「FAOの役割と食料ロス・廃棄問題について」と題して、国連食糧農業機関(FAO)の駐日連絡事務所長ボリコ氏の講演が行われました。

IMG_6432.JPG

参加した高校生は首都圏10校以上から約100名で、本校ディベート部員は高2が2名、高1が3名(何と意欲的な中学1年生も1名!)の6名です。

講演はすべて英語で行われ、SDGsのゴール2達成に向けて世界中の食料安全保障へのとりくみや飢餓の現状分析、フード・ロスや廃棄に対して私たちが何をすべきかなどが説明されました。

IMG_6434.JPG

高校生はもちろん、中学1年生でも何とか理解しようと約50分の講演に集中しました。

質疑応答も英語で行われ、本校の高2生からは次のような質問が出ました。

今後人口が増えていく中で、世界のすべての人口を賄う食料が生産され,かつそれへのaccessibilityを確保することは可能だと思いますか?(高2・成相悠喬君)

→回答:人間の想像力と技術を持って、効率的に対処すれば可能ではないでしょうか。

フランス料理などでは贅沢に食材を使うことによって、文化としての美を実現しています。各地の食文化を維持しながら、zero food lossも実現するためにはどうすればいいのでしょうか?(高2・中山大河君)

→回答:無駄になった食材を美味しくして、復活させるという取り組みは行なわれています。バナナの皮も美味しくして食べるのです。私たちはこれからもこの課題には真剣に向き合っていきます。

FAO所長のボリコ様、主催された読売新聞社の皆様、貴重な時間をありがとうございました。

投稿日時: 2019年10月 4日 11:29 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |