ブログ 生徒会・部活動アーカイブ

吹奏楽部 第51回定期演奏会のご案内

Posted on

毎年恒例の吹奏楽部の定期演奏会が開催されます。

4月29日(月・祝)

 開場 15:30  開演 16:00

神奈川県立青少年センターにて

吹奏楽経験者ならだれでも一度は吹いているスウェアリンジェン作曲の2曲、

子どもも楽しめるスタジオ・ジブリの映画の名曲の数々。

いよいよ10連休。おでかけの目的地の一つに、わが吹奏楽部の演奏会場を入れてみてはいかがでしょうか。

健気な中高生の熱い演奏をお届けします。

文責: 吹奏楽部顧問吹奏楽部 定期演奏会JPG.jpg

投稿日時: 2019年4月22日 13:56 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

ニューヨークの模擬国連国際大会にむけて

Posted on
来月5月にニューヨークで開催される模擬国連国際大会に、本校ディベート部の高校生2名(高1の成相悠喬君、持松進之介君)が日本代表として参加します。
その準備にあたり担当国の政策発表会(Infomation Session)が東京・市ヶ谷の「JICA地球ひろば」で開かれました。
IMG_5695 (1).JPG
同じく代表として参加する全国の高校生16名が、各テーマのリサーチ状況を順番に英語でプレゼンテーションしていきます。
本校生徒の参加する会議は国際通貨基金(IMF)で、テーマは「仮想通貨」です。
実際の国連や国際機関でもようやく議論されるようになった新規の課題ですから、リサーチが難しいテーマです。
今回、日本代表が担当するのはデンマーク大使です。
8校すべてがデンマーク大使を割り振られ、世界貿易機関(WTO)や国際農業開発基金(IFAD)など8つの議場に入ります。そこでは米国はじめ世界中からニューヨークに集まった高校生と、2日間、朝から夕までディスカッションやネゴシエーションが繰り広げられます。
今回の発表会では、どの学校もアドバイザーとして参加した外務省や国際機関の方々から質問やアドバイスをいただきました。彼らにとって渡航前のさらなるリサーチを深める機会となったようですIMG_5697.JPG
こうしたアドバイスを活かして、きっと彼らは世界中の高校生と国際問題に関する熱い議論を交わしてくることでしょう。現地での活躍が楽しみです。
文責: ディベート部顧問

投稿日時: 2019年4月15日 17:19 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

アーチェリー部 校内大会を開催しました

Posted on

アーチェリー部では毎年年度末に「校内大会」という、部員全員での試合を行っています。

今年は始業式前日の4月7日(日)に、中央区立総合スポーツセンターにて実施しました。

20190407校内大会(行射風景).jpg

それぞれの技術に応じて、30mと50mの距離に分かれ、午前中に予選を行いました。

午後は、予選での得点をもとに対戦表を組み、負けたら終わりのトーナメント形式で試合を行いました。

201904047校内大会(30m準決勝).jpg

なかでも30mの準決勝では、とても高いレベルでの試合となり、見学に来ていただいた保護者の方も含めて、非常に盛り上がりました。

結果は、30mでは新中3の高橋宏史郎が、50mでは新高二の川崎勇太朗がそれぞれ優勝し、メダルを獲得しました。

校内大会の最後には部長の竹中健太郎(新高二)から、今回の結果を励みにしながら、ますます練習に励んでいきたいと挨拶がありました。

来週からいよいよ2019年度のアーチェリーの公式戦も始まります。

部員同士で切磋琢磨しながら、よい結果に結びつく練習ができるよう、これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

20190407校内大会(集合写真).jpg

文責:アーチェリー部顧問

投稿日時: 2019年4月 8日 11:19 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

化学部 研究室見学を行いました。

Posted on

化学部では3月25日(月)に東京工業大学理学院化学系 の研究室の見学会を行いました。

当日は後藤敬教授を中心に、化学の研究の可能性のお話をうかがい、

後藤敬教授の研究室、木口学教授と西野智昭准教授の研究室、

河野正規教授の研究室の見学をさせていただきました。

また、中学生・高校生の部員の生徒たちのポスター発表を

大学の先生方と学部と大学院の学生さん方に見て頂き、

質疑討論の交流を行いました。

DSC_0071.jpg

はじめて見る大学の専門の研究の現場に部員は興味深く見学し、

装置や研究について質問させていただきました。

また、ポスター発表は専門家への研究発表ということもあり、

とても緊張していました。

教授や学生さん達からうまくコミニュケーションをとって

頂きながらまたとない貴重な経験と、大きな刺激 をいただいて

帰ってきました。

DSC_0079.jpg

DSC_0078.jpg

新年度、新たに入学するメンバーに化学の楽しみを伝えながら

仲間の新入部員を増やしたいという想いを持ってくれたと思います。

次の文化祭に向けた研究発表にも大きな力となりました。

東京工業大学理学院化学系の先生方、学生さんには 大変貴重な時間

をたっぷり割いて頂きました。 ありがとうございました。

DSC_0080.jpg

投稿日時: 2019年3月26日 12:00 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

HPDU英語ディベート全国大会準優勝!

Posted on

本校高2の瀧本、植田、松田が3月24日、25日に開催されたHPDU連盟杯において初日4位で予選通過、2日目トーナメントで決勝戦まで勝ち進み、準優勝を飾りました。このHPDU連盟杯は英語ディベートの中では、帰国生や国籍の制限がなく、県大会を突破せねば参加できない日本最高峰の大会です。去年同様、非帰国生3名で参加しましたが、歴代最高の結果を残し、準優勝の副賞として1週間のAustraliaディベート研修参加権も授与されました。会場の何百人ものオーディエンスに届く素晴らしい生徒のスピーチを誇りに思います。line_345045077167537.jpg

投稿日時: 2019年3月25日 22:35 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

(再掲)英語ディベート神奈川県大会優勝!!

Posted on

1月27日(日)にカリタス女子学園で開催されたHPDUパーラメンタリーディベート連盟杯神奈川県大会で、浅野A(高一西本知貴、高二松田健志、高二植田歴)のチームが予選全勝し決勝トーナメントに進出し、16校が参加する中、優勝を果たしました。

 この大会は帰国子女の参加数の制限がなく、留学生や日本以外の国籍の高校生も参加できるトップレベルの大会でしたが、英語圏での海外経験のない3人が地道に鍛え上げた英語力と知識、論理力で何とか勝ち上がることができました。

 次は全国大会ですが、日々視野を広げ、研鑽を積むことで、悲願の全国優勝を成し遂げて欲しいと思います。※画像のリサイズ後、再掲いたしまし20190205英語ディベート神奈川県優勝?.jpgた。

【文責:顧問】

投稿日時: 2019年2月12日 13:56 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

登山部初登山

Posted on

image1.jpeg2月10日(日)丹沢の大野山に初登山をしました。前日と翌日は東京でも雪が降りましたが、10日は快晴。山頂は強風でしたが、いい山行でした。今回から高一の新部長による新体制で1年間の活動のスタートです。

投稿日時: 2019年2月12日 08:37 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

平成30年度 第7回関東高等学校ボクシング選抜大会結果報告

Posted on

IMG_2545.JPG

1月25日(金)26日(土)27日(日)の3日間にわたって、関東高等学校ボクシング選抜大会が行われ、本校ボクシング部から3名の選手が神奈川県代表として出場しました。

試合結果と寸評

1/25(金)

ウェルター級A 1回戦

竹ノ内尊行(高二) VS 中川原忠由選手(埼玉県 秀明英光高校) 5対0のポイント勝ち

これまで試合になると、体のキレが悪かったり、距離をうまくコントロールできなかったりといった課題があった竹ノ内だが、この試合では体の動きのよく、適切な距離でパンチを出すことができた。課題としていた先制のジャブやボディブローもうまくきまり、成長の見られた試合だった。さらに上を目指してがんばってほしい。

ライトフライ級B 1回戦

栗原颯太(高一) VS 岡場慎太郎選手(群馬県 前橋育英高校) 5対0のポイント負け

相手は近い距離で手数の多く出るファイタータイプの選手だった。栗原のパンチがいい感じで当たる場面もあったが、その後にパンチが続かず、なかなか自分のペースにできない。逆に相手は中間距離で手数を出して自分のペースに持ち込んできた。自分のパンチの打ち終わりに、動きが止まることがある。打ち終わりに相手の動きを見て、続けてパンチを出す、防御の動きをする、など瞬時にできるようにしていきたい。力みすぎて打ち終わりにバランスを崩していることも一因か。ただこの試合、いいパンチも当てていたし、何より最後まで気持ちを出して動きを緩めなかった。今後につながる試合だったと思う。次回の糧にしてほしい。

ライト級B 1回戦

恩田佳明(高一) VS 今野勇矢選手(千葉県 千葉経済大付属高校) RSC勝ち3R1分29秒

なかなか中間距離で左ストレートがスッと出せないことが多かったが、この試合ではようやく感覚をつかんだのか、適切な距離で出す左ストレートで試合の流れを作ることができた。3回のダウンを奪い、RSC勝ちをおさめた。腰の痛みで十分に練習できない時もあったが、会心の内容で、今後の成長に大きくつながる試合だったと思う。この感覚をしっかりと自分のものにしていこう。

1/26(土)

ウェルター級A 準決勝

竹ノ内尊行(高二) VS 井出一志選手(栃木県 作新学院高校) RSC負け 3R0分0秒

1ラウンド目、竹ノ内はこれまでの練習の成果を存分に発揮した試合運びをして、ペースを握り、試合を支配した。1ラウンド目は完璧に取り切った。2ラウンド目優勢を確信して少し攻めが雑になってきたところ、入り際を右アッパーで合わされ、その一打で左目を負傷し、棄権負けを喫した。改めてボクシングの一発の怖さを思い知らされた。この経験を糧にさらに強くなってほしいが、まずはケガの治療に専念しよう。

ライト級B 準決勝

恩田佳明(高一) VS 広瀬克実選手(東京都 駿台学園高校) 3対2のポイント勝ち

相手も恩田と同じサウスポーの選手。手数の多く出る積極的なタイプの選手。1ラウンド目はお互いに決め手を欠く展開だったが、やや相手の手数が上回ったか。2ラウンド目、右に動きながらジャブをつく動きが功を奏し、恩田のジャブが効果的に当たり、恩田がペースを握る。3ラウンド目は両者譲らず、気持ちの勝負になり、恩田も気持ちを出して最後までパンチを出し続けた。結果は3対2の僅差で恩田の勝利だった。気持ちで競り勝った試合だったと思う。本当によくがんばった。

1/27(日)

ライト級B 決勝

恩田佳明(高一) VS 屋宜太河選手(埼玉県 秀明英光高校) 5対0のポイント負け

相手選手はサウスポーで打ち合いを得意とする選手。中間距離から近距離でのパンチの回転も速く、威力もある。恩田としては右ジャブで突き放しながら自分の距離を保って戦いたかったが、なかなかそうはさせてもらえない。1ラウンド目は相手のラウンドか。ただ、2ラウンド目からは恩田も気持ちを固めて打ち合いに応じ、スペースが空いたところの左ストレートや右アッパーなど有効なパンチを放ち、優勢な場面を作った。3ラウンド目の最後まで気持ちを切らすことなく戦いきった。負けはしたが、大きな収穫のある試合だった。この気持ちを部員たちも見習ってほしい。次なる目標を見据えてがんばっていこう。

大会結果(入賞者)

 恩田佳明 ライト級B 準優勝

 竹ノ内尊行  ウェルター級A 3位入賞

それぞれが今後への課題や手応えを感じた大会でした。

また、今までの練習がきちんと力になっていることが確認できたように思います。

次は2/11の東神戦、4月からはいよいよ関東大会県予選が始まります。

これからも一層精進して参ります。

皆さま今後とも応援よろしくお願いいたします。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。

(文責 顧問)

投稿日時: 2019年1月28日 11:46 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

本校で模擬国連会議を主催しました。

Posted on
本校ディベート部の高校生が主催した模擬国連が、1月20日(日)に本校講堂で開催されました。
2019.1 asanomun 6.jpeg
全日本大会にも出場した4人のディベート部員(高校1年生)が中心となって会議の運営を担い、他校も含めた中高生約100人が大使として参加して、「子ども兵」に関する問題を議論しました。
2019.1 asanomun 4.jpeg
1日で決議案をまとめるのは大変でしたが、経験豊富な高校生をはじめ参加したすべての大使の協力で、コンセンサスで可決されるという決議もあり、とても有意義な会議となりました。
2019.1 asanomun 5.jpeg
また、本校のディベート部員も、中学生が大使として参加して英語でのスピーチに果敢に挑むとともに、決議案作成にむけて討議や交渉を積極的に行いました。
参加校は、鴎友学園女子・大妻女子・海城・共立女子・駒場東邦・実践女子・渋谷教育学園渋谷・逗子開成・桐蔭学園と、さらには何と京都からわざわざ洛南高校が来られました。
洛南高校は、本校の部員と全国大会をつうじて親しくなったことが縁で参加することとなりました。
2019.1 asanomun 3.jpeg
このように模擬国連活動は、全国さまざまな学校の中高生とグローバルな課題を真剣に話し合う(ディベートする)という画期的な教育プログラムです。少しでも興味を持ったかたは、ぜひチャレンジしてみてください。
文責: ディベート部顧問

投稿日時: 2019年1月20日 22:36 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

高総文祭総合閉会式に参加しました【鉄道研究部】

Posted on

1月13日(日)、平成30年度神奈川県高等学校総合文化祭の総合閉会式が神奈川県立青少年センターで行われました。鉄道研究部門で、國枝瑞希君(高一A)が自由研究発表部門で教育長賞、庄子凜君(高一A)が写真コンテスト部門で相鉄賞を戴きました。國枝君は、「長崎新幹線を考える」というタイトルで発表しました。「乗りものニュース」の記事を読んで、長崎新幹線に興味を持ったそうです。発表のために約1ヶ月をかけて準備、調査をした成果を発揮しました。庄子君は、「夕立ち」というタイトルで写真を出品しました。友人と吾妻線に乗りに行き、長野原草津口駅のホームで211系電車を撮影したものです。乗っていた電車が長野原草津口駅停車中に夕立ちがあり、偶然撮れたそうです。
来年度も本校部員が受賞できるよう、部全体で切磋琢磨しながら、研鑽を重ねていくつもりです。
なお、本校鉄道研究部に興味をお持ちになりましたら、こちらをご覧ください。
http://asano-ara.tumblr.com/89635c663ec3ea4bddd6a39a83c6fd11bd1fe811.jpg0ba688b61abb718b15adf6fb34e1d40a1b1013f5.jpg

投稿日時: 2019年1月13日 21:45 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |