浅野中学校 浅野高等学校

本校の校訓

〈九転十起〉と〈愛と和〉

 本校の校訓の1つは校歌の中に謳われています。校歌2番の歌詞にある「九転十起」です。浅野總一郎翁の建学の精神を象徴するものが、この〈九転十起〉という志です。さらに3番の歌詞に「為すべき務めを為したる果てに」というフレーズがありますが、〈九転十起〉の志を持って〈為すべき務めを為し遂げる〉、この精神が2020年に100周年を迎える本校の建学の精神です。大きな目標は一度で成し遂げることは難しい。失敗を恐れず、努力を重ねて目的を達成する。この<変化>と<多様性>に富む社会を生き抜いていくのに、「九転十起」の精神は何よりも必要な姿勢であると考えます。
 2015年朝日新聞の神奈川版の連載企画『青春スクロール』母校群像記で浅野高等学校を取り上げていただいた際、卒業生の言葉の中にも浅野学園といえば「九転十起」という文言が多かったことが印象的でした。
 もう1つの校訓は、〈愛と和〉、初代校長水崎基一先生の教育理念が反映しています。他者への思いやり、気遣い、連帯力、協働力を養うことを目指します。
 中学・高校時代、12歳から18歳までの6年間に出会い、経験することはその後の人生に大きな影響力をもち、大きな宝物です。浅野中学・高等学校での6年間とは、互いに競い合いながら確かな学力を身につけ、さらには生涯に渡る友人を見つけられる6年であると私は信じています。

学校を信頼すること、そして各自目標を持つこと

 小学生時代は、学習塾が学習の中心になっていたと思います。これからは学校が自分の居場所であり、学習する場であるという意識の変革がなによりも大切です。
 学校が自分の居場所であるという自覚をもち、自分が学校の一員であることをしっかりと自覚することで学校への信頼感が生まれます。自分が所属している学校を信頼することからすべては始まります。中学時代は先ず、学校の指導方法を受け入れて、それに順応していくことが何よりも大切だと思います。各教科がもっている指導方針に基づいて教科担当者が徹底的に指導します。変化が急速なため、将来を予測することが不透明な時代と言えるかもしれません。しかし、見方を変えれば、変化や多様性に富む世界は、可能性溢れる世界でもあります。学校は最も堅実な形で着実に〈学ぶ場〉を提供します。教科によって違いはありますが、生徒諸君も毎年毎年目標を設定して取り組んでほしいと願っています。

基本的な生活習慣を身につける

 中学1年生の1学期の中間考査までは部活動には入れません。浅野生の通学時間は平均1時間ほどです。初めの2か月の間に、先ず基本的生活習慣をきちんと身につける。ここから浅野生の生活が始まります。慣れない通学、優秀な生徒ばかりで授業の速度も速いこと、帰宅後の家庭での生活のなかに学校の課題に取り組む時間をいかに作っていくかを初めの2か月で身につけていきます。部活動が始まると大きな楽しみが増えると同時に時間も縛られてきます。部活動を生活習慣のなかに取り組むことが次の課題となります。部活動は同じ生活リズムを共有する仲間や先輩・後輩を間近で見ることができる貴重な場です。部活動で共有し合うもののなかに先輩から後輩へ受け継がれていく伝統が存在し、それがよい刺激になっていると言っても過言ではありません。先輩の影響力はときには、教員の言葉を超えることがあります。
 学校行事は学年、クラスの仲間との関係を深めていくのに大きな力を持っています。中学1年の校外研修と林間学校は家庭科実習を中心とした研修内容となります。また中学1年、2年の1月には志賀高原一ノ瀬で少人数制のスキー研修を行います。中学2年生の林間学校は、スキー教室を行なった同じ志賀高原で行い、夏と冬の自然の違いを体感します。校外研修として中学2年では鎌倉散策、中学3年では東京下町散策、中学3年の研修旅行は京都・奈良、そのなかで金剛能楽堂での狂言鑑賞、高校一年では歌舞伎鑑賞、高校二年の北九州での研修旅行でも、長崎、博多を中心に文化遺産を巡り、日本の伝統と文化を実見します。すべて班別自主行動を主体としたもので、生徒主体の委員会が準備から実習、反省会まで担当します。
 部活動や学校行事を通して、協働する力、連帯する力、さらにはリーダー力を身につけていきます。

教員と生徒の関わり合いを重視します

 本校では教員と生徒の関わり合いを最も重んじています。校舎内を見ていただいても、各階ごとに各学年の教室があり、ほぼ階の中央部分に教員控室が完備され、担任が控えています。また、各学年とも、クラス担任、副担任がクラス管理を行いますが、担任で構成される学年会という組織が常に各クラス担任を支えています。学年生徒の問題は担任だけの問題ではなく、先ず学年会で取り上げ、さらに必要に応じて校務分掌や部活動顧問に委ねてゆく仕組みができあがっています。この複眼的指導法が、学力だけでなく、生徒指導、進路指導などにおいても大いに発揮されています。
 本校は、部活動が盛んな学校です。部活動は自ら志願した場であり、縦と横の人間関係も経験でき、さらに運動部は、学習以上の競争社会であるといえます。中学時代は、95%を超す部活動の加入率、高校二年生までは70~80%の部活動加入率があります。部活動とは、教室では得ることのできない新たな人間関係を実見し、感得していける場です。
 卒業を目の前にした高校三年生が、職員室や学年控室を訪れ、お世話になった先生方と喜びを分かち合ったり、励ましの言葉をもらったりしている光景は最も印象的な光景です。教職員と生徒の信頼関係を強く感じるひと時です。

 浅野生を育てていくものは、教職員だけではありません。優秀な仲間、先輩、後輩、そして卒業生といった人と人との出会いや関わり合いが直接的にも間接的にも影響を与えています。
 例えば以下の3つの例を見てください。
 1つ目は「合格体験記」です。これは毎年、進学指導部が6月に発行する『進学資料集』に掲載されているものです。これも30年以上続いていて本校の伝統となっているもので、まさに勝利の冠りを継承するものです。ちなみに、歴代の卒業生が書き残していく「我が中学時代」を語る部分では中学時代を過ごすポイントが明確に記されています。高校時代になるとより具体的なアドバイスが綴られています。登場する卒業生の数と内容の点では圧倒的な存在です。

 2つ目は、卒業生による進路講演会です。これは、中学3年生や高校一年生を対象にしたものですが、卒業して10年、15年後の卒業生が熱く後輩諸君に話しかけてくれます。ここにも生徒諸君を啓発するルートが生まれてきます。グローバル人材の育成が大きな課題となっていますが、本校の卒業生を見ているとグローバルな世界で活躍している卒業生が数多く見られます。多様化している職業の最前線の様子をうかがい知ることができます。

 3つ目は、国語科で発行している文集「銅像山」です。すでに40年以上継続しているものですが、中学1年生から高校三年生までの読書感想文、短歌、俳句、エッセイなどが掲載されています。国語の教員が選出した優秀な作品が中心です。各学年の生徒たちが綴った文章のなかには思わずはっとするほどの視点と感性溢れる文章に出会えることがあります。〈表現する〉という行為を通して、同年、先輩、後輩の文章を眼にすることで生徒諸君を啓発してくれる存在です。文化部のなかで独自に作成しているものもあります。歴史研究部が発行する『歴史研究』は、毎年テーマを決めて発行されていますし、鉄道研究部が発行する『停車場』、生物部、化学部、物理部、地学部も一年間の研究テーマをまとめて発行しています。文化祭などで配布していますので、ご来校の際にはぜひご覧ください。

男子校の魅力

 男子校の魅力の一つは、生涯の友人をつくることができる場であるということですが、男女共学校の人気が高まっているなか、中学校選びで男子校を選択する背景には、異性の眼を気にせず、男子の特性をさらに引き伸ばせる男子校特有の特性に対する期待が強くあるのだと思います。よい友達を見つけることできることが最大の理由であることは間違いがありません。

社会人としてマナーを持つこと

 本校で取り組んでいることの1つが挨拶の励行です。きちんと挨拶をすること、これこそ人と人との関係を築いてゆくための第一歩と考えています。
さらに人に対する気遣い、これも本校教職員が一丸になってこの数年間最も真剣に取り組んでいる問題です。いじめにつながる、人を傷つける言動をなくしていくこと、さらには社会人として通学路や駅の構内、車中においてもマナーを守ること、人に迷惑をかけないこと、これらの問題はご家庭の協力を全面的にいただいて、まさに協働作業していかなければならないものです。

このページのTOPへ

Copyright (C) Asano Junior & Senior high school .All Rights Reserved.